2017/10/01

ユーチューバーという“うざい寄生虫”が生み出す『見世物小屋コンテンツ』の限界

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

湘南でがんばってます。

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]ねぇねぇ、最近よくきく『ユーチューバー』ってなーに??[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/otoko1.png” name=”まさる” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]名前の通り、ユーチューブに動画をアップして人気になってる人たちの事でしょ?[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]あー!ヒカキンとかね![/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/otoko1.png” name=”まさる” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]そうそう、マックス村井とか、はじめしゃちょー、バイリンガール、それから・・・[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]まさるくん、詳しいんだね・・・[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/otoko1.png” name=”まさる” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]まーな。俺も、一時期目指してたからな。(ゴホン)[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]まじ?!どうだったのー?さっきテレビで『子供のなりたい職業ランキングBEST3』に入ってたくらいだし、目指す人も多いのね。[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/otoko1.png” name=”まさる” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]全然だめ、まったく再生されなくてさ、4日で飽きちゃったよ。[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]挫折するのはや!wまーでもそんな甘い世界ではなさそうよね[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/otoko1.png” name=”まさる” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]そうだね。そもそもさー、このブームがいつまで続くかもわかんねーじゃん?[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]まーね。芸人の一発屋みたいに、消えてっちゃうユーチューバーもいるのかなぁ。[/surfing_voice] [surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/sennin.png” name=”湘南仙人” type=”r” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]ふむ。まーこのままいったら、数年後にはかなり淘汰されるじゃろうな。[/surfing_voice]

 

 

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]あッ、仙人!!![/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/otoko1.png” name=”まさる” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]あぁ、俺のユーチューブ億万長者になってモテモテ計画・・・短くも淡い夢だったぜ。[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/sennin.png” name=”湘南仙人” type=”r” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]一番の問題点は、 彼らの作り出すコンテンツのほとんどが、クオリティの低い『寄生(きせい)』か『奇行(きこう)』によってしか成り立っておらんというところじゃ。[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]寄生と奇行って?[/surfing_voice] [surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/sennin.png” name=”湘南仙人” type=”r” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]一たとえば商品レビューなど、大手マスメディアが流す情報や企業が商品化したものを取り上げるだけの寄生虫(スネオ)動画。[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]あーよくあるよね。アイスクリーム紹介してる動画見た事あるよ。ぜんぜん面白くなかったけど・・・[/surfing_voice] [surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/sennin.png” name=”湘南仙人” type=”r” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]まープロの評論家としてレベルの高いフィルター(情報解析能力)を持って、消費者にプラスになるよう客観的な解析をしてくれれば、まだ多少の価値もありそうなもんじゃが・・[/surfing_voice] [surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/otoko1.png” name=”まさる” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]なんか、ほとんどフザケてたり、薄っぺらいのが多いよな。だから、俺は辞めたんだ・・・(エッヘン)[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]ただの三日坊主なだけのくせに・・・[/surfing_voice] [surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/sennin.png” name=”湘南仙人” type=”r” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]ふむ。だから、そういうチャンネルの視聴者はほとんど子供だったりするんじゃな。[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]そしたら再生数を維持するためは、子供だましを続けるしかなくなっちゃうわよね。[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/otoko1.png” name=”まさる” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]オマエも子供だろ・・・[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/sennin.png” name=”湘南仙人” type=”r” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]まーそれでも、ある程度チャンネル登録者が増えて再生されるようになれば、企業の方からオファーがきて宣伝を頼まれたりもする。それが彼らの収入源の1つにもなるんじゃが・・・[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]スポンサーがつくのね![/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/sennin.png” name=”湘南仙人” type=”r” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]そうなれば、もはや完全にクリエイティビティは失われ。ただでさえ子供だましみたいなもんだったのが、さらに一つの本音も言えないただの宣伝広告動画に成り下がる。[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/otoko1.png” name=”まさる” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]お金もらってたら、もし悪い商品だったとしても、言いたいこと言えないもんなぁ。[/surfing_voice]

[surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/sennin.png” name=”湘南仙人” type=”r” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]元々インターネットというのは、大手マスメディアとは隔絶された『個人が自由に発信可能な情報空間』に大きな可能性を秘めていたはずが、けっきょく『大手マスメディアの二次情報の反射空間』になっとるのが現状なんじゃな。これは、YouTubeに限ったことではない![/surfing_voice] [surfing_voice icon=”http://sekirintaro.com/wp/wp-content/uploads/2016/04/onna1.png” name=”やすの” type=”l” bg_color=”eee” font_color=”000″ border_color=”eee”]大手マスメディアの二次情報の反射空間?![/surfing_voice]

 

 

うざいスネちゃまユーチューバー急増中

ユーチューバーという言葉が世に浸透してきたのは、ここ最近の話だよね。

『好きなことをして、生きていく。』の合言葉に惹かれ

まさる君みたいに、YouTubeで自由なライフスタイルを手にいれるという

淡いYouTubeドリームを抱いた人も少なくないなんじゃないかな。

 

ユーチューバーとは、その名の通り

YouTube動画配信によって収益を上げている人たちのことね。

商品レビュー、ゲーム実況、英会話レッスンなどなど

彼らの発信する内容は多岐にわたるんだけど

残念ながら、有名ユーチューバーたちの配信するコンテンツのほとんどは

低次元な《寄生》か《奇行》の二種類に分類されるように思うんだ。

 

まるで『新時代に誕生した全く新しいクリエイター』かのようなコピーで広告されている彼らだけど。

あるユーチューバーは、既成の大企業が商品化した

お菓子や飲料水や家電やDVDのレビューをして視聴者を集めたり。

せっかくインターネットという

『大手マスメディアと隔絶された新しい情報空間』

ド庶民に平等に提供されたにもかかわらず

そこで行われているド庶民のコンテンツメイキングは

既成の大企業的価値観への激しい迎合と寄生行為に他ならなかったんだ。

そして、ある者は、大手マスメディアが流した映像を切り貼りし、BGMをつけただけのものをアップするだけ。

彼らの頭の中は、『いかに上手く著作権侵害スレスレのゾーンをつくか』に尽きるんだろうね。

当たり前のことだけど、他人が作っだ作品を切り貼りして再構築しただけの映像を

『作品』として映画祭に応募するアホはいないでしょ。

そんな行為をクリエイティブ(コンテンツメイク)とは呼ばないんだ。

これらは、ただの素人の編集行為に過ぎないから。

決して、自らの才能を磨き上げて勝負しようとはしないスネオたちが

時代の最先端を走るイノベーターヅラして自己陶酔できてしまう、こんなネットの未来は明るくないね。

編集だけで勝負するんなら、とことん勝負しちゃいなよ。

たとえば、DJのように既成の音楽をつなぎ合わせることで、新たな価値創造している職業も存在するよね。

DJという仕事が、社会的にどうであるかは置いといて

彼らだって、長い時間をかけ勉強と鍛錬を積み重ね、膨大な知識、経験、技術を集約させて

独自の編集技術としてコンテンツメイクしているんだ。

だから、その対価としてお金を支払う人たち(ファン)がいるんだよね。

それに対して、昨今のまとめ系サイトや、ユーチューバーの編集(既成コンテンツのツギハギ)は

明らかにクオリティが低い。

というよりも、本当にただのツギハギ(寄せ集め)でしかないからね。

そもそも、オリジナルの価値を生み出そうという気がない人がほとんどなんだ。

いかに、再生数(アクセス数)を増やし、広告収益(アフィリエイト収入)を得られるかという

目の前に吊るされたニンジン(小銭)に夢中なスネオ達なのだから。

しかし、悲しくもこうしたコビー動画や、素人の猿真似にアクセスが集まってしまっているのが現状で

中には、マスメディアの記事をそのまんまコピペしただけのテキスト動画や

自動音声読み上げソフトによる音声動画を大量にアップしてお金を稼ごうというアフィリエイトスクールも乱立した結果

こうした目の前の小銭稼ぎに夢中になっている、いい歳こいた大人たちがうざいくらいに急増中なんだ。

まぁ、しかたないよね。

才能を伸ばす努力をせず、手っ取り早く注目(アクセス、再生数)を集めようと思えば

こうした【寄生】によって、他人のふんどしで相撲を取り続けるか。

【奇行】による見世物小屋コンテンツに終始するかの二択しかないんだから。

三流見世物小屋コンテンツでしかない奇行の数々

こういう奇行行為は、ニコニコ生放送なんかを見ても顕著だったよね。

それまで大資本が特権的に独占していた生放送を、ネット上とはいえ

個人の領域に解放したという意味で、当初革新的な出来事として大きく注目されたんだ。

けど、ここで誕生した生主(ニコ生配信する人)のほとんどは

コンテンツ制作やクリエイティブの基本的な訓練を行っていないまったくの素人であったため

『性行為そのものを生放送して視聴者に配信する』

『室内で花火に着火する違法行為を行って視聴者に配信する』

『生放送上で殺害予告や違法行為の中継を行う』

などの脱法行為が相次いで、逮捕者が続出している有様だった。

それは、こうした【奇行事態】を売り物にしなければ、コンテンツメイクが行えないからに尽きるよね。

つまり、発信するに値する【文化】を生み出す映像教育を

生主もユーチューバーもまったく受けていないためなんだ。

こうした何の文化的教育も受けていないコンテンツメイカーのたどる末路は必然的に

長期の学習や鍛錬など必要のない、セックス中継や違法行為中継などの

【奇抜や奇行】という見世物小屋的コンテンツメイクに終始してしまう。

そもそも映像コンテンツをどう作っていいのかもわからないから

それを正当化した、ただの開き直った素人集団のため

彼らから生まれるコンテンツが、たとえ何十億再生されようが・・・

チャンネル登録者数が何百万人いようが・・・

時代を超えて残る名作映画やドラマのように、人の人生に価値を与えるレベルにはなりえないんだよね。

だから開き直って、手っ取り早く注目を浴びるために

分野や教育を必要としない【奇行コンテンツ】にド庶民が走るのは必然なんだろう。

こうして大手マスメディアの発信源に頼らずに

独力独学で創造するクリエイティブの上限が

こんな【奇行】の類に集約されている現実には、もはや希望の希の字もない。

きっと今宵も、素人集団があの手この手でつくり、うざいくらいアップされている、おもしろオフザケ動画の数々・・・

それは、かつてのバラエティ黄金期(ダチョウ倶楽部etc…)で

散々やってきたことの、ミニチュア劣化版コピーに過ぎないと自覚しているのかな。

破天荒な番組が減ってしまった現代では

テレビ局よりも規制のゆるいインターネット上で、こうした『おバカ企画』が再現され

また重宝されるのもうなずける部分もあるんだけどね。

ましてや、そんな黄金期をリアルタイムで見ていないティーン達はなおさらだろう。

問題なのは、彼らがその奇行を、ネット独自の斬新で新たな文化だと勘違いして

たまたま子供だましが通用している一時的ムーブメントを自らの才能、実力と勘違いしてしまうことで

本当に必要とされるべき自身の種(才能)に気付かず、活かすべき持ち場や

自分らしい生き方を算出すること後回しにしてしまっていること。

もし、おバカ配信を、墓石に刻まれてもよい仕事と誇りを持ってやっているのならよいんだけどさ。

ならば、もっと諸先輩がたが体を張ってやってきた歴史を勉強するように

大人達が諭してやらなければならないよね 。

おまえら ・・・ 『もっと、お笑いウルトラクイズや元気が出るテレビを見ろ!』と。

そう。

おバカでさえもとことんやって、突き抜ければ『芸』として昇華することもある。

ただ、いま第一線で活躍しているユーチューバーを見る限り、二流感、三流感、が否めない。

ん〜うまく言えないけど。オナニーを見せられてる感じ?

このクオリティのままであれば、動画市場バブルが縮小に向かうことは創造に難しくないだろうね。

まぁそんなことくらい、おそらくYouTube運営側も気づいていると思うし

だからこそ、新たなユーチューバーの発掘と育成により力を入れ始めているんだと思う。

YouTubeは、あのグーグルの傘下だからね。

彼らトップ頭脳集団からみれば、いまの、茶番コンテンツクリエイター達が

ずっと一線で活躍し続けることがないことくらい読んでるでしょ。

テレビCMや、渋谷のど真ん中に広告を出してまで

世の中に埋もれている才能あるクリエイター、コンテンツホルダーを必死に探そうとしてるんだと思う。

中途半端な寄生や、奇行に走らない

真のコンテンツメイカーをね。

そして、これからの時代

ユーチューバーのようにネット空間を舞台にするにせよ

リアル(現実)を舞台にするにせよ

今一度、深く考えなければならない大切なことは、

仮想(情報空間)と現実(物理空間)の知られざる境界線を明確に理解しておくこと。

すると、《ITは個人の可能性を広げ、社会を変革させるんだろう》という

短絡的『 IT未来幸福論』を吹き飛ばすことになるんだ。

 →次の記事『脱!IT未来幸福論』

この記事を書いている人 - WRITER -

湘南でがんばってます。




Copyright© 〈RSELeaks〉宇宙海賊情報局 , 2015 All Rights Reserved.