近未来へ向けた下腹重心教育メディア

映画『君の名は。』はただの映画の話では終わらない!!挿入歌「なんでもないや」の隠された意味とは!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
でるっクマ


湘南を拠点とする研究所RSEL、宇宙海賊団メンバーの1人(1匹?)。映画「君の名は。」に心打たれ、初回限定5枚組Blu-ray版を購入したやさしいクマ。独自の視点から、映画やアニメについて考察する記事を執筆している。

◉ ボディフィギュアタイプ
「ポッキー丸太」の隠れ「なで」型



ID @sekirintaro

(↓前回の記事はこちら↓)
【第5回】
映画『君の名は。』で変わったのは
過去ではなかった!?

とうとう映画『君の名は。』の解説も最終回。

日本中の人々の涙を誘い、
胸を揺さぶり、心を打ったこの映画。

「実はただの映画の話では
終わらないかもよ?」

という視点から、
最後はお話ししていこうかなと。

日本が1,200年振りに地球に訪れた
彗星現象に美しさを感じ浸っている時、

ただ一人、違和感を覚えた瀧君に始まる、
映画『君の名は。』。

日本中のほとんどの大衆にとっては
美しい流星現象という記念日も、
誰かにとっては悲しい記念日にもなりえる、
ということを表現しているよね。

同じ彗星現象を見たとしても、
ただそれを美しく感じる人もいれば、
違和感を覚えた瀧君のような人もいる。

この感覚の違いはどこからくるのだろう?

 

一人一人に流れる時間は全く違う

それは、「時間感覚」の違い。

つまり、世の中が作っている
一方向的な時間の流れと、
一人一人の体が産み出している時間の流れは
イコールではないということ。

そしてその自分の人体に流れる
固有の時間感覚を感じ取るのが、
「お腹(触覚)のざわつき=違和感」。

 

触覚を忘れてしまった現代人

どうだろう?

子供の頃はあんなに無邪気に
物事を感じ取っていたはずなのに、

気が付けば、毎日のように押し寄せる
仕事や日常の雑務に追われ、
頭でっかちになり、触覚の感性
すっかり忘れ去ってしまった現代人。

ちょっと深い事が気になることもあるけど、
「忙しいから仕方がない」で思考停止。

まさに何も感じず、ただ彗星現象を見て
「わー、綺麗だね♪」と言い合い、
恋人とただ過ごしているだけの
大衆と同じじゃないだろうか?

その結果、もし触覚(=腹の声)を
鈍感にして無視し続けてきたことで、

大切な記憶を繋ぐことができず
忘れてしまっているとしたら。

「逢いたい人」が
本当はいたはずなのに、

忘れてしまっているとしたら。

ただ群知能=亜空間知能としての
パターン行動を繰り返しているだけで、
自分の由縁を忘れ、
何者でもないものになりつつあるとしたら。

 

あなたは一体誰(何者)ですか?

「お前は誰だ?」

あなたは答えられますか?

名前、年齢、会社、資格、年収、
家族構成、恋人の有無などなど。

パっと頭に思い浮かぶのは、
頭の世界で捉えた言葉で指し示す
「記録(=データ)」だけじゃないだろうか?

映画では彗星隕石災害が描かれていたけれど、

僕達2018年を生きる現代人は、
望もうと望まなかろうと、
人工知能災害に直面せざるをえない。

人工知能はどんどん発達し、
人間の頭の世界を
全てラーニングしてくるだろう。

人の感情や心と呼ばれるものも
ラーニングしてくるだろう。

ナノテクノロジーが進歩し、
一見人間と見違えるかのような
皮膚や瞳も再現され始めるだろう。

その中であなたは、人間とは、
自分とは何かを答えられますか?

自分は機械とは違うと、
何かを根拠に表明できそうですか?

人工知能搭載済のペッパー君に
教えを乞う未来を、違和感なく
受け止めてしまいそうじゃないですか?

この人工知能世界線を、
加速度的に推し進める戦争経済

僕達が生きている間に、
この世界は現実化して
僕らの目の前に立ちはだかるだろう。

 

「なんでもないや」の真意

もし君が、
この戦争経済に違和感を覚えるなら。

そして自分の由縁、
忘れてしまった記憶を想い出したいのなら。

ただのパターンとして
終わっていきたくないのなら。

まずはこの動画を見てほしい。

【宇宙経済学入門五行論動画講座】

戦争経済による人工知能災害という
世界線に警鐘を鳴らし続け、
そして最終的には
宇宙経済という経済圏を創出する。

その結果人々には、

「結果的に人工知能災害なんて起こらなかったじゃん!」

と揶揄されるかもしれない。

でも、実はそれが狙い。

それが、
映画の瀧君が隕石被害に遭う時空(=世界線)
を捻じ曲げたように、
世界線を切り替えた結果だとしたら。

彗星災害を回避し、被害がなかった
世界線に至った宮水町のように、

人工知能災害を回避し、何事もなかった
世界線へと地球が至った結果だとしたら。

映画『君の名は。』で描かれているように、
大衆の予定調和(群知能=亜空間知能)と
逆行すればするほど、

人の想いが重力として強く働き、
歴史を改変する流れすらも
産み出せるのがリアルだとしたら。

もし君が
この世の中に違和感を覚えるならば、

美しくもがいてみないか。

そして2039年に共に叫ぼう。

「人工知能災害なんて
結局起こらなかったね」と。

「なんでもないや」と。

この記事を書いている人 - WRITER -
でるっクマ


湘南を拠点とする研究所RSEL、宇宙海賊団メンバーの1人(1匹?)。映画「君の名は。」に心打たれ、初回限定5枚組Blu-ray版を購入したやさしいクマ。独自の視点から、映画やアニメについて考察する記事を執筆している。

◉ ボディフィギュアタイプ
「ポッキー丸太」の隠れ「なで」型



ID @sekirintaro

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.