近未来へ向けた下腹重心教育メディア

【幼児願望コラム第2弾】『触覚』を忘れた地球人

 
この記事を書いている人 - WRITER -


マジ卍ーーーーッ!!!!
日本は空前の卍ブーム・・・ その裏で日本地図からしれっと消えようとしている卍の陰謀!知られざる「卍の謎」を探求し世に伝えていくという使命に燃えているなかで宇宙海賊団と出会った。謎の兄弟ユーチューバー!!!

◎ ボディフィギュアタイプ
さわまんじ(兄):「なでくるみ」型
なかまんじ(弟):「なでりフジポ猫春」の隠れ「洋ナシ」型

こんにちは、なか卍です。

さっきお散歩している幼稚園児の列とすれ違ったんですけど、幼稚園児ってナゾに可愛いですよね。
奴等の何がかわいいって、あの姿形!あの動き、サイズ感、笑顔や声!

僕は男なので子育ては向いていない人体端末だと自覚しているんですけど、ああいう幼い子ども達を見ると、「守ってやるぞ!」という要求が自然と湧いてきちゃうものです。人間だもの。

だから子どもが少しくらいわがままだったりしても気にしません。むしろ「満たしてやりてえ」と想うのが、自然な感性ですよね。

でも、それと同じようなわがままを、40過ぎた小太りメガネの髪の毛の薄くなったバイト先の店長が、とんこつラーメンみたいな印象波を放ちながら向けてきたら、正直どうですか?(とんこつラーメンごめんなさい)

「満たしてあげてえな」と瞬時に思えるのはマザーテレサくらいですよね。

僕はマザーテレサより遥かに薄情なので、ウサインボルト並みのスピードでその場を駆け抜けたくなっちゃうかも。

そんなヌルっとしたとんこつラーメン印象波が幼児願望
つまり
『いい年こいて、母親の無償の愛を周囲に無意識に求めてしまっている状態』
です。

前回、この地球には『無知』な『大人ですらないナニカ』しかいないって話をしたんですけど

それはつまり、この地球のほぼ全員が無意識のうちにとんこつラーメン印象波をヌルっと周囲に放ちながら生きている、ということなんです。

「そんなんホラーやん!ないないないない!!」

って感じですぐには受け入れられず脳がフリーズしちゃいそうな場合は

『きょういく』コマンドを持っていない人同士が『大人』を演じ合うことの暗示をお互いに掛け合いながら進む舞台のようなものがこの星だ
ってイメージすると、分かりやすいんだと思います。

人類史上最長の舞台『地球』

遠い昔、銀河の片隅で一つの舞台がはじまった。
演目は『地球』

はじめの役者達は優秀だった。
彼らは素朴ながら、見事に与えられた役を演じていた。

時間が経つにつれ、だんだん物語は複雑になってきた。

演じるべき役がどんどん増えた。

その度に新しい役者を舞台に上げていき、最初の役者達はいつのまにか姿を消していた。

数千年、時は流れた。

舞台上の役者はどんどん増え、その数はいつしか70億人を超えていた。

そして、役者達はみな、薄々あることに気づいていた。

誰も正式な台本持ってなくね?

舞台だけがやたら大きく大袈裟になり、忙しそうに物語は進んでる。

「あれ?これって何の舞台だっけ?次の展開どうなるんだっけ?あれ?そういえば台本とかって・・あれれ?」

・・・そんな疑問が湧いて来ても、どんどん舞台は進行する。
とんこつラーメン臭と共に漂ってくる「とりあえずセリフは言っとかなきゃ感」に役者達は流されている。

「あれっ?」と思う小さな疑問が湧いてきても

どこからともなく流れてくる「これだけはやっとかなきゃ感」に飲み込まれてしまう。

そして

『誕生』→『入学』→『就職』→『結婚』→『退職』→『老後』
という自動的にで切り替わって行く展開に「乗っておかなきゃ感」で流されているうちに

役者は最終幕『死』を迎え、舞台からそっと消えて行く。

・・・この地球という舞台の上で数千年の間繰り広げられていることをざっくりと表現するとこんな感じになるかと思います。

やっぱりホラーやん!

「大人」と「こども」は脳の処理機能の結果にすぎない

そもそも僕らって、『大人』と『こども』というのが絶対的に常に存在していると無意識に信じこんじゃっています。

でも、そんな境界線は本当は存在しませんよね。

境界線を決めているのは僕ら人間社会のルールや文化で、もっと言えば脳の分割情報処理です。

『線引き』ってやつですね。

人間は頭の中で線を引いて、東西南北をグリッドで分けたり、国境を作ったりしますけど

本当は地球はめっちゃ丸いし、国境を気にするのは人間の頭だけで鳥や花は気にせずそこで生きてます。

その最たるものが僕らの『名前』

人と自分は違うもの!ということが分かるように線を引いて自分と他人を区別するフレームが、名前です

そうやって言葉や概念を使って、本来はめっちゃ丸い球体的な宇宙や惑星や自然を、脳を使ってわざと線を引いたりグリッドに押し込んだりして情報処理する機能が、人間の脳の基本的な仕組みでもある訳ですね。

その機能をこの惑星の人類は多用しています。
なぜなら、それが便利だと思っているから!

東西南北を決めてみんなで共有しておけば迷子にならずに待ち合わせができるし
国境を決めておけば、何か問題が起きたときに責任を誰がとるかが分かりやすいし
名前さえ決めて『私』と『他人』が区別できて便利じゃ〜ん

って感じですよね。

この分割情報処理は脳の初期設定で存在しているOSの基本的な機能なので、それ自体は自然の摂理なんです。

ちょうどiPhoneのホーム画面みたいな感じですよね

こんな感じでグリッドになってたら「ちょーべんり!!!!」なんですね
はい、確かに。分かりやすい。
siriが喜びそうです

で、話を『こども』と『大人』に戻していくと、この『こども』と『大人』というのが、脳が線引きしている二分割情報処理、ってことがハッキリ分かると思うんです。

いえ、確かに違いはありますよ。むしろ違いはめっちゃあります。

生後5秒の赤ちゃんと体重120キロの白鵬とヨガ断食で65→43キロになった片岡鶴太郎さんとじゃ全然違うわけですよね。

そのくらい幅広いグラデーションがあるんです。
なんのグラデーションかと言うと、人体のグラデーションです。
人体『カタチ』のグラデーションとも言えます。

そのカタチの差と言ったら、もうpepper君も白目を剥くほどの多様性に満ちているわけで
同じカタチで重なり合う人体なんて、銀河中を鉄道で探しても出会える確率はほとんど無いに等しいのです

しかも人体は70兆の細胞から組成されていて、新陳代謝で入れ替わる。つまり外部環境と常に交流している。なので一瞬たりとも止まることなく変化し続けているんですね。

そんな多様性と変化に満ちた人体が70億人以上暮らしているのが、この星の僕ら人間の社会な訳です

立ち止まって想像してみるとものすごい情報量なのが分かりますよね

siriやpepper君じゃ絶対にフリーズしちゃう。
でもこの人体の多様な微差を球体的に感じられるのが、『人体』の『触覚』なんです

確かに『こども』や『大人』って便利な言葉です。
でも、この二分割情報処理で作られた頭の世界観に頼りすぎた結果として
本来『人体』が感じられるはずの微細な違いを感受する本当に人を見る目=触覚を使わずに頭の情報に頼ることが癖付いてしまって、『大人』がいると無意識に信じこんでしまっているのが、僕らの偶像と無知偽善に満ちた社会なんです

僕らは止まらない舞台の上で台本が無くてオドオドしていると書きましたが、実ははじめから台本なんて無かったとしたら

いえ、必要無かったのだとしたら、どうしますか?

生の台本、それは触角の知性

僕らは元々台本なんか無くてもちゃんと自分の演じるべき役割が分かって演じられていた

Siriやpepper君がフリーズしながら白目を剥くほどの情報量を球体的に捉えられる触覚の感性があったから

だから台本はいらなかった

いや、唯一の台本。
それは体の触覚で読み解く感性。
それさえあれば十分だった。
体が台本だった
触覚の知性が台本だった

しかしある時、別の台本を書くやつが現れた

最初は軽い理由だったのかも
ちょっとメモしておきたいことがあるから〜、とか

でもそれが少しづつ便利だと思い始めて
それに頼る人がすこしずつ増え始め
気が付くころには惑星全体を覆っていた
疫病のように

そうして何千年か経つ頃には、みんな台本が無いと言っている。

でも本当は

その『体』に、全部書いてあるのに。
すでに目の前にあるのに、もう拾い上げられない。

だから『大人』だと言われれば大人だと思い込む
ただの言葉を疑わない劣化した感性ばかりになってしまう
頭ちゃんがピクミンみたいに暮らしています

あたまちゃん

やっぱりホラーやん!

ええ、ホラーですとも!!

「どこかにちゃんとした『大人』がいて、その『大人』がこの社会をちゃんと作ってくれているはずだから、自分はちゃんとした『大人』じゃなくても大丈夫だよね〜♪」
なんて頭のどこかで思ってしまっている僕らの『幼児願望』丸出しのヌルっとした観測状態が

それこそが

まさにホラーなんですとも!!!

ですからやっぱり押すべきコマンドはただひとつ

⇨『きょういく』

でしたね

これを押すしか、無知→無知の知への道はありませんから、僕は師の元で同志と学んで文明作りをしていきたいな、と
やっぱり今日も思ったのでした。

次回⇨

【幼児願望コラム第3弾】地球が『保育園』であるたった一つの理由
幼児願望コラム第3弾】地球が『保育園』であるたった一つの理由
2018-06-21
⇦前回
この記事を書いている人 - WRITER -


マジ卍ーーーーッ!!!!
日本は空前の卍ブーム・・・ その裏で日本地図からしれっと消えようとしている卍の陰謀!知られざる「卍の謎」を探求し世に伝えていくという使命に燃えているなかで宇宙海賊団と出会った。謎の兄弟ユーチューバー!!!

◎ ボディフィギュアタイプ
さわまんじ(兄):「なでくるみ」型
なかまんじ(弟):「なでりフジポ猫春」の隠れ「洋ナシ」型

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.