近未来へ向けた下腹重心教育メディア

17才なう、若さの行方を考える。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
高校生シンイチ


昼間はごく普通の高校に通いながら、次世代の文明創造論、叡智を学ぶ日々。「はやく社会に出たいなぁ。」そんな妄想にふけながら、今日も自転車をこぐ!こぐ!漕ぐーー!! 当サイトでは、10代ならではの視点、飾らない想いを自由気ままに執筆してゆきます。

◎ボディフィギュアタイプ
「くるみ猫背なでり」の隠れ「フジポ」型

どうも、ただいま高校生をしながら、オンラインで宇宙海賊団の末席を汚させていただいています。

新一(シンイチ)です。

華のセブンティーンなんて言葉は大嘘だなぁと日々実感しながら

今日は、僕と同世代の若者が、地球のどこかでこの記事を読んでいるかもしれないので、青春なんてクソくらえ絶望のセブンティーン代表として、心の内を筆に委ねてみます。

 

拝啓「若者から、若者へ。」

僕たち中高生は若いです。はい、言わずもがな。

それは、超富裕層、権威者やオシャオジが、どんなに渇望しても手に入れられない財産ですが

僕たちはこの若さの価値に気づきません。

なぜなら・・・

僕らの日々は、名詞や思想、概念、観念、常識などで細かく区切られた狭い世界しか感じさせないようにされているからです。

 

「そんなこと言ってないで勉強しなさい。」

受験!受験!受験!

就職!就職!就職!

結婚!結婚!結婚!

なんて言ってくる僕らの親や先生は、既に死んでいるのかもしれません。

 

本当に意味があるかもわからないで学校に行き

本当は必要がない納得いかない勉強をして

目的も曖昧な部活に通い….

用意された選択肢を選び…

やりたいこともわからないから、右を見ても左を見ても

浅はかなスキキライで選んだ「似たようなカード」が並ぶ。

 

自分のやりたいこと?

そもそも“自分”がわからねーよ!

って思いません?

 

不安だから、より強くてオシャレなレアカードを手に入れるのに必死なポケモン的人生観

スマホでパシャパシャも、芸能人スキスキも、噂話に花咲かすのも・・・良くわからない。

芸のない友達ごっこが「青春」という言葉で美化されている。

 

『新一は17才かぁ〜!一番楽しいときだな!』

 

なんて言ってくるクソジジイがたまにいますが

もしも本当に17才が最高潮ならば、残り60年はずっと下り坂ってこと?

どうりで死んだ魚のような目をしているわけです。

 

ならば、せめてその下り坂の絶望と悲しみをありのまま教えてほしかった。

テクノロジーの進化、経済成長、人類が上り坂だと思い込んで走ってきた下り坂のリアルを。

 

でもね、そんなことは薄々勘付いているぼくら10代もよくみるとみんな既に死んだ魚の目になってるんです。

教師や親はそれに気付きません。

青春という美化フィルターを通して観測を捻じ曲げているのか。

いや、気付かないフリをしてるのかもしれません。

だから今日も僕らの変わらない「ごっこ遊び」が、SNSという閉鎖空間で繰り広げられています。

大人の目が届かないところで。馴れ合いと弱いものイジメが繰り返されます。

これが僕らティーンの社会です。ね、変わらないでしょ?

 

『なんだろう、これ。もうここから出たいな。』

なんて違和感があなたに少しでもあるのなら、もっと別の若さの使い道を真剣に話したいのです。

 

しかし僕たちは、そんな風にして時間を浪費しているうちに、目が泥まみれで低解像度なリアリティーしか感じられなくなってしまいました。

 

ここで“泥”と言うのは固定点のことを指します。

 

若くして感性を抜き取られる構造。

僕らのこの時期(思春期〜成人)は、目を色んな泥でデコレーションして、自分視点の世界、マイワールドつまり自我を作っていき、若いうちに早々と本来の純粋な重なり、そして「今」の奥深さ、広大さ、美しさを感じるセンスを奪われていき、代わりに恐怖によるプライドやコンプレックスに差し替えられるのが、地球の思春期の一面でもあると思います。

先天的な記憶やセンス、本当に繋がるべき人や、あなたのお腹の要求が、後天的な記録(地球のルールや常識)に埋もれて忘れられていき、また色んなパターンの人生設計や人生ドラマを、味気ないVRゲームのようにやっていくしかない道に入る一歩手前(もうどっぷり入っていますが)が僕たち中高生。

僕たちがいつか思い出と呼ぶであろう「成績が良かったという思い出」も「好きな子とのデートの思い出」も・・・

その泥まみれの目で、自分という泥を通して見ているのなら、それは単なる記録に過ぎず

海の底に沈んでいく泥のように、その一時的な幻想(パターン)=亜空間知能は、重なりを見失い溶かされ、脳海馬デフォルトという峻厳なる時空法則。

どうか僕たちのこの「若さ」を、汚い泥で目を汚してしまわないで、恐怖や弱さも踏まえて受け止めて、一人一人が瞳の奥深くキラキラと光輝く宝石を解放させるために命を使いたい。最期までヒトらしく在りたい。本当に掛け替えのない関係性を築ける友に逢いたい(デジモン交換やイイねはいらない)。

RSELeaksを初めて見つけて、この記事の下にもある宇宙経済講座を見た時の率直な感想は「セーーーーフッ!!!」でした。笑

(まさか、そこで自分も文章を書くことになるとは思いませんでしたが。経験少ない10代だからこそ言えることもあると思って、頑張って書きます。)

 

戦後GHQによってスポイルされた本質的な教育事業(寺子屋文化)の復活によって、僕たちはもうグリッド(分割情報)をなぞっていくだけの意味のない履歴(無限クローズドループ)をたどらずとも、ただ新しい文明を作るためだけに学べる・・・そんな初めての世代になれるかもしれません。明治の国家創造期に寺子屋で学んでいた方々も同じ高揚を感じていたのかな。

僕らよりかなり上の世代の方でも、教育に可能性と価値を感じる方もいらっしゃいますが、もっと若い頃に知りたかった、学びたかったと思われる人もたくさんいらっしゃると思います。

死ぬ直前に後悔することの第一位が「挑戦しなかった後悔」そして二位がなんと「学ばなかった後悔」なのだそうです。

小学校から高校まで、12年も拘束され学んでいたはずなのに?

おかしな話です。じゃあただの「懲役12年」ですね。

そんな学問の腐敗によって、社会的な履歴を辿った長い年数を後悔される方もたくさんいるでしょう。

 

僕たちは若いからこそ、この文明を思い切り楽しみたいと思う人もいると思いますし、そもそも違和感もないという方もほとんどでしょう。

そういう面もあったりして、良く言われる“経験が少ない”僕らは、社会の絶望をほとんど知りません。

大人たちはそんな社会の闇をありのまま教えてくれることなく(たぶん本人たちもよくわかっちゃいないw)まずは社会経験を積むべし!最低三年!という謎のルールによって無駄な遠回り道へ誘い、そして答えのない自分探しの末に、彼らと同じように戦争経済に丸め込まれ、文明創造という牙が二度と生えてこないように、3S(スクリーン・スポーツ・セックス)の「餌」と、家族愛という名の「首輪」に繋がれ、徐々に、徐々に、飼い慣らされていくこの星のお決まり人生コース。思考停止リレー。不本意な定石の押し付け合い。

いろんなことを諦めて

言い訳ばっかり上手くなる。

満員電車の中

くたびれた顔をして

夕刊フジを読みながら

老いぼれてくのはゴメンだ、ばーか!

 

「成功」するためじゃなく、「幸せ」になるためでもなく、「文明創造するため」に学びたい。

しかし、そんな地球の現状に対して、既に絶望していたり、フィットしないことを知っている若者(中高生)も、一部ではありますが増えてきています。

残念ながら無知なイイ人=当たり障りない人=奴庶民に囲まれている場合がほとんどでしょうが・・・

僕らは、そんな大人という名の【嘘】に中指突っ立てながらも、自分たちの無知さや怠惰、未熟さを真摯に受け入れ、時代をひっくりかえすために一から学び直すべきだと思います。誰かや社会のせいにすることなく。

ブルーハーツを歌い叫んだところで、三角形の戦争経済は今日も勢いよく回っているのだから。

芸術の前に科学、科学の前に教育を、人間存在とは何かを取り戻さなければ、いつの時代も同じことが繰り返される。そんな地球の悲しみの歴史を僕は学びました。

 

正直、僕らは若さ以外に何も持ちません。だからこそ全く新しい道を行くことができます。

もっともらしい言葉が、なんとも嘘くさい大人達を尻目に

古クサい成功哲学を、空き缶のように蹴散らして

弱々しくも必死に咲こうとする「若さ」の行方は、今こそ結集して時代の軌道を変えていくべきではないでしょうか?

 

あ、明日の宿題やってねぇや。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高校生シンイチ


昼間はごく普通の高校に通いながら、次世代の文明創造論、叡智を学ぶ日々。「はやく社会に出たいなぁ。」そんな妄想にふけながら、今日も自転車をこぐ!こぐ!漕ぐーー!! 当サイトでは、10代ならではの視点、飾らない想いを自由気ままに執筆してゆきます。

◎ボディフィギュアタイプ
「くるみ猫背なでり」の隠れ「フジポ」型

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.