近未来へ向けた下腹重心教育メディア

蹲踞お稽古Master響直伝の下腹重心について超絶プレゼン 3

蘭丸
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
蘭丸

【前回記事】

蹲踞お稽古Master響直伝の下腹重心について超絶プレゼン 2

 

テーマ③体は点ではなく対である

重心論においてとても大事なのは”体は点ではなく対である”という教えで、これが革新なんです。
今日の下腹重心の学びの中でこれから21世紀の後半にかかり、すごい最先端の教育となるのが実は体は点ではなく対であるという認識なんです。
もっとこれを噛み砕いてわかりやすく言うと”体は線ではなく左右である“って言い方もできるんです。
体に1本の線を引いても体にはならないじゃないですか。
つまり体には最低、右と左の2本の線が必要です。
簡単に言うと体って右と左がある。単純に子供心に戻って5歳児になって考えてみて下さい。『なんで右と左があるんだろう』って疑問に思った事ありませんか?
人間て右と左が同じじゃない、つまり対象なんです。
対象だけど同じではない。つまり完全なシンメトリーではない。
左右差とも言うんですけど、あまりにシンメトリーじゃないと体のバランスを崩すようになっているんです。
それがひどくなると風邪をひいたりしてバランスを戻そうとする動きがある。
これが重心論のひとつでもあり、Body Figureが生まれてくる由縁だったりもします。
1番憶えてほしい事は、この体は点ではなく対である。
つまり右だけで成り立ってるわけでもなく、左だけでも成り立ってくるわけではない。
これがすごいわかりやすく言うと右と左もありますけど、もうひとつあるのが前後なんです。
まえ、うしろ。
線でいくと点で人体は表わせられない。人体の動きは点ではないから、確実に言える事は左右のこの矢印の動きがあることなんです。
右と左で。
つまり、人は点では立っていないって事を言いたいんです。簡単に言うと。
実は動きで立ってるんです。
『いやいや、そんなことないですよ』と斜に構えた人がいて、『それはわかるんですけど、じゃあジャンプしたら点じゃないですか?点として1本の点になれるんじゃないですか』と。
ところがどっこいジャンプしてスローモーションにしてすごい高解像度にすると、同時着地って絶対してないんですよ。してるように思うじゃないですか。
感度がいい人って同時に着いてないことがわかる。これがわかってる人がスーパーアスリートなんです。
例えば体操選手とか。体操選手とか足を着地させた時に若干の微差があるけど、その微差を埋めていくことをやることで足が崩れないようになるんです。

 

実験1-1 ジャンプ
そのままジャンプして、左右が同時についていないことを感じてください。
絶対同時にはつかないです。
多少時差でどっちかが先について、どっちかが後に追いかけてます。
それを感じる意識を持つことで左右を理解したことになるんですよ。
つまり、バランスが良くなるんです。

 

実験1-2 点だと思ってジャンプ
今度はもう1回、左右を意識して左右に時差があると思ってジャンプ
点としても、左右で時差が生まれることも、どちらも感じることができる。
体が点ではなく対であると言いたいのは、支えあっているって事なんです。
今日の1番のポイントがあります。左右があることによってうまれるもの。
中心です。
実はここが大事で、左右があることで中心が生まれるというのが下腹重心教育のポイントでもあります。
更に言うと、前後があることで更に細かい中心が生まれます。更に上下が入ることで更に細かい中心が生まれます。
左右、前後、上下が入ることでより中心が動きとして定まっていく。算出しやすくなる。それが下腹重心の機能なんです。この部分で1番実験してほしいのがケンケンなんです。

 

実験2-1 ケンケン

利き足じゃない足でケンケン。
同じ所に落ちていくのは難しく、だんだんズレてしまうことを体感
高く飛べば飛ぶほどズレてくる。
揺れることに気づいてほしい。
利き足じゃない足でケンケンすると重心がより揺れる。
両足でジャンプ。
ケンケンよりも動かない。
要は右と左があって対になった時に、より安定感が増す。
ここからが次のポイント
対というのは、右とか左とか、この体の方角だけではなく、対象となる人もいるんです。
みなさんが自分の体が他者から影響を受けていることを実感、体感してもらう実験を考えました。
それがケンケンです。

 

実験2-2 ケンケンを1人に支えてもらう

1人で利き足じゃない方でケンケン。その後1人が揺れないように支えとなる。
支えてくれる人がいることで安心感があり、軸が立つ。これは受けてる側の方がわかる。
何が言いたいかわかりますか?
人の力を借りたら重心がぶれなくなるんです。
この気づきが大事なんです。

 

実験2-3 支えてもらいケンケンしながら回る。
その場でケンケンで左に回る。これで同じ位置で回るのが難しいことを体感してもらい、1人支えとなり、中心がズレないように一緒に回る。
人が支えてくれると自分が1人だけで支えてるよりも明らかにやりやすいことがわかる。
っで、ここで超人願望の罠というのがあって蹲踞やると自分だけが『よし!やるぞ!』みたいな。それは、実は不正解。
実は、人はみんな偏りがあるんです。
得手不得手があり、Body Figureもある。

要は、上手くできる人はそれなりにもともとバランスが良かった人なんですけど、偏ってる場合でもそれはやる意味がないんじゃないんです。

実は自分は片足でしか支えられてない。
例えば障害を持っていて片足しか使えない人がいる。
その人はどうするかと言うと、杖を借りたり義足つけたりして人の力を借りますよね。
ここがポイントなんです。
体の障害は人の力を借りようとするのに、体以外の人生の障害やチャレンジに対して人の力を借りることをスムーズにできてますか?
という事なんです。
小学生から見ても、誰であっても人の力を借りた方が倒的に安定感があって動くのに、人生において私達は安心して人の力を借りれないんですよ。
『じゃあ委ねるわ!回るよ。』
『よし、回ろう!』
って言えば、めっちゃ余裕で回れるのに
というお話なんです。
体が人生を現してる“ってことをRSEL寺子屋ではすごく教えていて、それが今のお話だけど、自分1人で生きてるって思ってる人は、ず〜っと1人でジャンプして自分で綺麗に回ることだけ考えるんですけど、そんなこと考えないで人に寄りかかってちゃんと上手く回ってもらえば、安心して回れるんです。
というのは極端な話しではないですよ。
私バランス感覚いいから、その場では片足で上手く回れるんですよ。
ただ、ここからがポイントで、大きく楕円を描いて回り続けると必ず綺麗には回れないんです。

 

実験2-4 ケンケンで大きく楕円を描いて回る
まず1人でケンケンしながら綺麗に楕円形を描いて回る。
次に、支えてもらって一緒に回る。
楽に回れるようになることを体感。
苦手な方で回った方がより支えてもらってる事を体感できる。
受けた方がわかる。
自分が体感すると人の力を借りることのレバレッジの力をすごい体で体感できる。
見た目以上に体の安定感が違うんです。
次は2人で、両隣につく。
そして3人、両隣と前につく。
そして4人、両隣と前と後ろ。
1人また1人と支えが増える毎により支えてもらえてる感をより体感できる。
これを体感してもらい気づくことは、簡単に言うと結局自分1人で支える力よりも人に支えてもらった方が動きやすいというのを私達は体で教育されないんです。
本当は小学校時代の体育とかで、こうやって人の力を借りて体を動かすことで、いかに体が自由になるかということを教えるような教育がたくさんできるとすごい良いんですよ。
私はそういうのを将来的に創りたいんです。
今ここが1番抜け落ちてるんです。

自分の自分のと、自分の頭の濃度だけを上げるというのはすごい一生懸命やってるんだけど、人の体の力を借りながらどうやって体を動かすかということを学んだ方が最終的にいい大人になります
すごい良い人との関係性が結びやすい大人になれると思うので、そこをすごい学んでほしいというのが、体は点ではなく対であるということです。
これを”姿勢の科学“と呼んでいます。
姿勢の科学です。
メモしておいて下さい。
今のが姿勢の科学です。
蹲踞チェックシートで自分の姿勢をチェックしてもらうんですけど、実は自分の姿勢も大事なんですけど、何よりも大事なのはこの姿勢は1人だけのものじゃないということです。
ちょっと難しい概念かもしれませんけど、今の実験で是非、推理してほしいんです。
人はもちろん自分で筋力つけて綺麗に回ることもいいけど、そんな事しなくても人の力借りたらすぐにスムーズに回れるんです。
でも人生考えてみて下さい。
人生って、もっと長い距離のものを回らないといけない。
人生は長いんです。
マラソンみたいなもので、とんでもなく長い距離を1人でずっと得意な利き足だけで、あなたの特技だけで生きてなさいってやっても、いつか足が壊れちゃうんじゃないの!?って話なんです。
だから、それを人生に当てはめて理解していくことの大切さをここでは”5層対論“というお話があって、それが姿勢の科学にも繋がります。
先程のというお話ですね。
先程実験やったじゃないですか。
これを図に書かせてもらいます。

まず、体があります。
体があって、ここがポイントです。
右足と左足と足があります。
頭があって足が下にあります。というのが当たり前にあるじゃないですか。
体を回すこともできれば逆にも回すことができます。これを回旋というんです。
回旋の動きがあるわけです。
動くことができる。
つまり、右、左、上、下、回旋、回るっていう動きがあります。
そして最後に息の吸う、吐くがある。
呼吸の 吸う吐く があって、人体が成立している。
そして次の話です。

 

【次回記事】
蹲踞お稽古Master響直伝の下腹重心について超絶プレゼン 4

この記事を書いている人 - WRITER -
蘭丸

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.