2017/10/01

【陰謀論】スノーデン事件 ~ロシアへ亡命!アメリカが隠している秘密とは!?~

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
湘南でがんばってます。

こんにちは、りんたろうだよ。

2015年8月頃かな?日本でニュースをやり始めたよね

アメリカの国家安全保障局(NSA)の局員「エドワード・スノーデン」がロシアに亡命した!ってね

そしてNSAが全世界でインターネット、電話回線の傍受を行っていたことが

ウィキリークスによって公開されたよね(日本政府・企業も傍受されてたよ!)

だいたいのマスコミが報道するのはざっくりだけど、この情報だよね~

このニュースだけなら「まじかよ!アメリカ最低だな!」って感想を抱いて終わりかな?

実はこのニュースは一般人の視線を向けるためだけであって、裏にもっとビッグなニュースが隠されていたとしたら!?

今回はその表と裏を説明していこう

【表】インターネット回線の傍受する エシュロンのプリズムシステム

画像:エシュロン(Echelon)

エシュロンはアメリカを中心に構築された軍事利用が目的の通信傍受システムのことなんだ。(テロを未然防止のためとかね)

今回、エドワード・スノーデンによって、NSAがエシュロンのプリズムシステムを使用して、有線データ通信さえも盗聴されていることが暴露されたんだ。

この通信傍受には大手のIT企業も協力していたと言われているよ↓

Micr●soft、Yah●o、Go●gle、Y●utube、Sky●e、Ap●le・・・みんな知ってる大企業だねw

これら大企業の協力から個人情報、企業の機密情報、発表前の研究機関の情報を傍受・収集していたんだ

そして皆持ってるスマホでは、例え電源を切っていても情報を送信する仕組みになってると噂されてるよ・・・。

ちなみに日本ではエシュロンが公式では無いことになっているよ。

この【表】の部分だけでもビッグニュースだよね・・・

次にこの【表】に隠された裏ニュースに行ってみよう!

【裏】地球には地底人が存在する!

 

いや~、いきなりぶっ飛んできましたねw

通信傍受の【裏】は「地底人」です!w

こんなニュースはN●Kではやらない(やれない)だろうね~

以下の文章がエドワード・スノーデンからのメッセージなんだ

政府の最高首脳陣たちは UFO が何であるのかを知りません。公式の話として UFO が単なる気象用バルーンや自然現象であるという可能性については否定されています。どちらかというと、これらは、私たち自身を超えた知性によって導かれているかのように UFO について述べているように感じる文書です。

結局、最も信頼性がある不可解な目撃例は、熱水噴出孔(海底で地熱で熱せられた水が噴出する亀裂)から海底を出た後に、直接太陽の軌道に入っていくことが目撃された車両です……。
弾道ミサイル追跡システムと深海のソナーは国家機密として保持されているために、科学者たちはそのデータにアクセスすることはできません。しかし、 DARPA (アメリカ国防高等研究計画局)の契約人たちのほとんどは、地球のマントルに、ホモ・サピエンス(現生人類)の生命よりもさらに知的な人類種が存在していることを確信しています。このことについては、その場所(マントル)が、数十億年の期間、多かれ少なかれ安定し続けていた地球での唯一の場所であるということを考えることがわかりやすいかと思います。長く安定している場所に住むということは理にかなっています。

それらの種は特殊環境生物として、私たちとは異なる気温の下で生きているのかもしれないですが、加速度的に知性を繁栄し、発展することができたのです。

大統領は、彼らの活動について毎日ブリーフィングを受けています。彼らの遙かに進んだテクノロジーは、どんな戦争であっても私たち人間にはほとんど生き残る可能性はないとアナリストは信じています。
彼らの視点から私たち(人間)への一般的な感情は蟻(アリ)ですので、彼らが私たちに共感したり、あるいは、私たちとコミュニケーションをしようとする可能性はありません。現在の非常事態計画は、さらなる攻撃を阻むという望みの中で、希望のない敵を「あざむく」ために深い洞窟で核兵器を爆発させることです。

<スノーデン氏の文章ざっくり要約>

・地底人はいる!

・地底人はUFOで地底⇒宇宙へ飛び立っている!

・地底人についてはアメリカが秘匿している!

・地底人は頭が良くて高度な文明を持ってる・・・強い・・・勝てない・・・。

 

歴史が語る地底人存在の証拠とは!?


この動画ではアメリカが南極に軍事基地を建設しようとしたけど、

地底人に攻撃されて撤退したことが説明されてるよ。

 

地球の「北極」と「南極」には巨大な穴が!?

1969年 – アポロ11撮影

1968年 – 気象衛星:ESSA-7撮影 北極の穴

この穴がUFOが出てくる穴、地底人が住んでいる穴と言われているよ。

ちなみに北極、南極の上空の飛行は禁止されてるとか!? 穴が見られたくないのかな?

あと、昔の写真には地球に穴があることを確認できて、

現在の衛星写真じゃ確認できないよねw

画像修正の技術が進歩したから?なんて考えちゃうねw

 

 まとめ

高度な文明を持っている地底人が存在してる…一度アメリカはボコられてるわけだから

触らぬ神に祟りなし・・なのかな?

エシュロンについてだけでも衝撃的な暴露だったけど・・・

今後スノーデンさんがどんなことを暴露してくれるのか!?

この記事を書いている人 - WRITER -
湘南でがんばってます。




Copyright© 〈RSELeaks〉宇宙海賊情報局 , 2015 All Rights Reserved.