近未来へ向けた下腹重心教育メディア

骨盤美人から仙骨美人への道

蘭丸
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
蘭丸

骨盤体操、骨盤セミナー、✕日間履くだけで痩せると言われる骨盤矯正ベルト…健康や美容に大きく関係すると注目されているのが“骨盤”

 

わたしもかつて歪みが気になったりもっと痩せたいな〜と思い、針、お灸、酸素カプセル、ヨガ…等色々と試したことがあります。

私は顔Body Figure春日型が入っているため、当時は顔春日型が暴走して安易に調べることより何よりも体感なくしてわからないと、とにかく行動していました。

Body Figure記事まだ見られてない方はこちらも見てみてくださいね。

ボディフィギュア理論の記事一覧【永久保存版】
ボディフィギュア理論の記事一覧【永久保存版】
2018-06-27

その結果、受けた後〜数日間は調子が良いのですがすぐ戻ってしまい、通わなきゃ戻ってしまうという怖さや不安から依存し、ループにハマっていたんですね。

このループにはまってしまう要因は、自分というもの(肉対)を承認してこなかったから。

だから周りから嫌われないようにいつまでも若々しい姿でありたいと薄っぺらい歳の重ね方をし続けてしまう…

結果、このループから抜け出せなくなってしまっていたんですね。

しかし身体はあなたのそのままの生き様を指し示している。

その生き様を指し示している鍵が骨盤にあり、その骨盤の中心の仙骨を反ることが大切になってくるのです。

仙骨とは

仙骨とは人体の中心に位置し、大きさはだいたい掌くらいだと言われていて逆三角形の形をしています。

もともと生物学的に見てもともとは5つの骨があったようなのですが、進化の過程で1つの骨へと結合されたと見られています。

なぜ仙骨を反ることが大切なのか

仙骨は脊柱起立筋の中心部分と繋がっていて、仙骨は人体における動きの中心支点ともいえる役割をしてくれているんです。

よって、上半身は仙骨の1点で支えられていて仙骨で受けた上半身の力は恥骨〜股関節を通して両足へと伝えられるようになっています。

このような役割を担っている仙骨が意味するBody Voiceは適正協力を表しています。

仙骨が意味するBody Voice、重心についてより詳しく知りたい方はこちらの記事も見てみてくださいね。

なので仙骨を正しく反れるようになることで、骨盤も背骨も正しい位置で立てられるようになり、はじめて立てるようになるんです。

…っえ、毎日当たり前のように立ってるんですけど。って今疑問を持たれた方も多いかもしれません。

実はほとんどの人が立ててるようで立ててないんです。

それは重みを立ち姿勢の中で認知することができていないから。

使いたいように身体を使い、バランスよく使うことができていない。

結果、自律神経のバランスも崩れてしまい、鬱になってしまったり、免疫力が低下し、病気になってしまったりしてしまうんですね。

ひどいストレスを受けた仙骨の状態は、盛り上がり仰向けに寝たときに、腰が床につかない状態になってしまったりすることもあるんですよ…

仙骨を反るにはどうしたらいいの?

では『実際に仙骨を反ってみましょう』って言われて『あ〜これが仙骨か!』って体感として感じられる人はほとんどいません。

それは人体の構造を何もしらないはずなのに、わかったふりをして日々身体を使ってしまっているからです。

どんなに画像を調べ実際に触れようとしてみても、骨の角度や形もよくわからなかったり、女性だと特にお尻の脂肪で仙腸関節の位置がわかりにくく、いまいちつかみどころのない骨でもあります。

なので、まずここで大切になるのが日々身体を丁寧に観察し認知していく生活習慣をつくっていくこと。

なぜなら先程もお伝えしたように、仙骨は中心を位置しているからこそ全体を認知していかなければ仙骨を反らせることができません。

中心を見つけるにはあらゆる角度で多角的に洞察していかなければ見えてこないですよね。

なので、毎朝起きて
今日の身体の重みはどこにあるかな〜
左に偏ってるな〜
右に偏ってるな〜
つま先の方に重みあるな〜
踵の方に重みあるな〜
肩が突っ張ってるな〜等と全身を日々観察していくこと。

そして仙骨に触れてみたりして人体の構造を認知していくこと。

そこが仙骨を反るうえでの最初のスタートとなります。

『え〜そんな地道にやらなきゃだめなの…?めんどくさい。だいたいこの辺だから反ること意識してたら反れるようになるんじゃないの…?』とついつい口を挟みたくなってしまった方も多いのではないでしょうか。

でもそれは危険なんです。

間違った仙骨の反り方

以前、Line@の方でも仙骨についての質問があったのですが、間違った認知で仙骨を反ろうとしてしまうと反り腰になってしまってる危険性があるんですね。

このようにして、気軽に質問してくださる方がいたり、毎日宇宙海賊団の最新情報が配信されているのでもっと深く学びたい方は、登録してみてくださいね。

人体の構造を理解せずに無理やり仙骨を反らせようとしてしまうと、腰椎1番2番から反ってしまっている可能性がありみぞおちがでしゃばり、腰痛の原因になりかねないんですね。

そんな腰が表すBody Voiceは、支えられているものに対する観測状態を表しています。

なので、腰椎1番2番が反れてしまっている人は、支えられているものに対しての解像度が低くなってしまっています。

仙骨を反れるようになりたい方は、支えられているということを体感として解像度を上げていくこと。

それは、足指から1本1本丁寧に感じ、足裏の球体性感じていくこと。そうすることで、腰椎3番4番5番の解像度が上がり仙骨が反れる感覚が感じられるようになってくるかと想います。

なので、そもそも外反母趾のある人は、まず外反母趾を治さなければいつまで経っても仙骨は反れるようになりません。

外反母趾について気になる方はこちらの記事も併せて見てみてください。

外反母趾のある人が足指を噛み締めてしまうと、腰椎2番など上の方に力が入りやすく腰痛になりやすくなってしまうので気をつけてくださいね。

実際に体感として感じてみる方法としては、
親指を上げた状態で仙骨を反ろうとしてみてください。

そうするとみぞおちがでてきませんか?

逆に親指を真っ直ぐにししっかりを地面を踏みしめてみてください。

そうするとみぞおちはでしゃばらずに3番4番5番から反れる感覚がありませんか?

是非この違いを感じてみてください。

このようにして日々、観察し実際に身体を動かし探求することで少しずつ仙骨を反る感覚が身についてくると想います。

仙骨が反れるようになると同時に丹田が押し出される感覚も感じられるようになってくるんですね。

既に仙骨を反る大切さを違った角度から書かれているので、もっと理解を深めたい方は見てみてくださいね。

【徹底解剖】人体の中心『臍下丹田』の意味を読み解け!【姿勢の科学】
【徹底解剖】人体の中心『臍下丹田』の意味を読み解け!【姿勢の科学】
2018-07-30
蹲踞(そんきょ)の意味を、縄文人の骨から紐解け。
蹲踞(そんきょ)の意味を、縄文人の骨から紐解け。
2017-12-15

おわり

頭で覚えたことはすぐ抜けてしまいます。
しかし、身体で憶えたことは忘れられません。

中心感覚というのは、言葉ではなく体感として体得していくものです。

ひとりひとり骨格の微妙な違いはあっても、基本の構造は同じなので、毎日続けることで3ヶ月、半年、一年後と足指の表情だったりと変化し自ずと観測幅も広がっていて、周りとの関係性も円滑になっているんです。

しかし長年積み重ねてきてしまった根本にある身体の偏りはすぐには、変化してくれません。

だって身体の立場からしたら、ずっと無視し続けてきた癖に今更調子よく早くよくしたいと言われても、『お前都合良すぎるだろ』って思いたくなりますよね?

なので基本の基本をひとつひとつ大切にして地道に積み重ねていくことが何よりも大切になってきます。

そうやって真摯に身体と向き合い続けることで、身体も答え始めてくれるんです。

RSELではすごくシンプルなのに、そこには計り知れない奥行きがあって、そのシンプルな下腹重心蹲踞を大事にしています。

この下腹重心の教えを体得することによって、運命は七変化していくのです。

骨格姿勢が変われば→観測が変わる
観測が変われば→態度が変わる
態度が変われば→言動行動が変わる
言動行動が変われば→習慣が変わる
習慣が変われば→記憶が変わる
記憶がかわれば→運命が変わる
運命が変われば→時空が変わる

この記事を書いている人 - WRITER -
蘭丸

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.