近未来へ向けた下腹重心教育メディア

【技術ブログ】宇宙海賊ラヂオ配信物語

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター


元ITエンジニア。やんちゃが過ぎてRSELeaksをハッキングし一時サイトをダウンさせるも、それをキッカケに宇宙海賊団と接触。船長Master.響のアナザフロンティア構想に感銘を受け、逆に諭されてしまう。 "ぬくもり"を知ってしまった今は「AIのシンギュラリティ」もやだし「ゲノム編集」なんてもっての外だ!!と心を入れ替えた中二病天才ハッカー。 今までPCしか触って来なかった指先が、人体端末ヒューマンタブレットと言うとてつもないユニバーサルデザインに触れた時、もはやPCなどのIT技術が時代遅れだと気づく。 一人でも多くこの事に気づいてもらいたくRSELeaks執筆活動も任される。

◎ ボディフィギュアタイプ
「なで丸太」の隠れ「フジサン」型

ご存知ですか?宇宙海賊ラヂオ?

宇宙海賊ラヂオとは、宇宙海賊たちによるあらゆる分野の話題について、ときに神妙に、ときに楽しく、ときに怒り、ときに涙するという、テラスハウスもびっくりな生々しい音声をインターネット経由で配信している海賊放送?のことです。

今や配信話数は1000回を大きく超えるモンスター番組となっています。

この記事はそんなラヂオの素晴らしさを伝える!のではなく!!

ラヂオ配信を支えるITインフラ技術をリークする異色の記事となっています。

「宇宙海賊ラヂオ」?ナンゾヤ?という方は、この記事を読む前でも、読んだ後にでも

ここで聞聴けるので一度聞いてみてください。

ネット配信の時代

かのスティーブ・ジョブズが作り上げたApple社のPC事業からの脱皮の契機となったコンテンツといえばなんでしょうか?

そうiPodです。

今でこそiPhoneやiPadに統合されていますが、持ち運べていつでもどこでもスタイリッシュに音楽が聴けるようになったのも、テクノロジーの先駆者であるApple社あっての事。

その前身には、日本の大手企業ソニーのウォークマンがあるのですが、デジタル音声を気軽に聞く習慣を根付かせる事に成功したのはiPodからだと思います。

そして、2000年代のインターネットの普及に伴い、現在では音楽は購入するのではなく、インターネット経由で視聴するのが当たり前となってきています。

AppleMusicやGoogle Play Music、LINE MusicやSpotify、Amazon MusicやAWAなどが主たるサービスとして有名ですよね。

伝説のポッドキャスト – 宇宙海賊ラヂオ

そんな中、寺子屋(宇宙海賊団)では音楽ではなく、宇宙海賊たちによるあらゆる分野の話題について、ときに神妙に、ときに楽しく、ときに怒り、ときに涙するという、テラスハウスびっくりな生々しい音声をインターネット経由で配信しています。

それが宇宙海賊ラヂオ。

このラヂオの技術面の特徴として

・「音声がとても長い!」

・「配信数が1000本を超える」

というITエンジニアとしては大変やりがいのある点があります。

通常、音楽ですと3分から5分。なのに宇宙海賊ラヂオは平均1時間!!

長いものだと3時間!!!!

どれも叡智盛りだくさんで、深い内容なのですが

インフラ的には厳しいものがあります。

それは言い換えると

・「ファイルサイズが大きい」

・「ネットワーク帯域を物凄く占有する」

という事です。

そこで初期のラヂオでは、Appleが考案したポッドキャストという形式で番組を配信していました。

・iPhoneやiPod、iPadでアプリがあらかじめプリインストールされている

・視聴者は聴きたい番組を登録するだけ

・最新の放送が自動的に端末に保存されて自由に聴くことがてきる

・スマホを持っている世界中の人が視聴者になる可能性がある

15分以上の長編音声を配信しているところも多く、配信環境として整っているという点も見逃せません。

そんな訳で、ポッドキャスト形式で約半年ほど500話ほどを宇宙海賊ラヂオとして配信し、ありがたくも世界中から反響を頂いたわけです。

月間4TB(テラバイト)のインフラ

実はこのポッドキャスト、配信はAppleがやってくれる訳ではなく、自前で配信サーバを立てる必要があります。

そこで、ポッドキャスト配信では一般的なWordPressを利用した配信サーバを用いて構築しました。

サーバインフラとしてはネットワーク帯域の融通が利くCORESERVER(コアサーバー)というサービスを用いました。プランは一番上のエンタープライズ向けのやつです。

ポッドキャスト配信をやめる直前のピーク時の配信データ量は、月間4TB(テラバイト)にも及び、ものすごいデータの通信が行われていました。

一人ひとりのスマートフォンの契約だとひと月に3GB(ギガバイト)契約とかであることを考えると、4TBは約4000GBですから、その1000倍以上にもなります。

ちょうどCORESERVERさんのインフラ環境の増強もあって、当時問題なくこれらのコンテンツを捌くことができました。

CORESERVERはWordPressの構築が素早く行えること、すべてSSDストレージでありデータ周りは高速であること、なにより安価であることが素晴らしい環境でした。

ラヂオの配信は、最初の頃の収録は2~3時間と長いものの、ラヂオの配信回数自体は週1回などと抑え気味でした。

しかし、次第に加速していきピーク時は毎日6本の配信をするという、しかもどれも15分以上の長尺であるという、世界中のポッドキャスター達もびっくりなハードモードとなりました。

たぶん世界で一番出荷ペースが速かったと思います。

そして気づけば半年で配信話数は500回を超え、もはやリスナーは消化に精一杯すぎてお腹いっぱいなんじゃないかという結論に至り、突如として宇宙海賊ラヂオはポッドキャストから姿を消しました。

そう。宇宙海賊のポッドキャストは伝説となった訳です。

それでもとどまることを知らないラヂオ

ポッドキャストは配信中止したわけですが、音声は増えつづけていました。

そして公式サイトの方にラヂオや叡智な音声を有料配信という形で置くことになりました。

そして順調にアクセス数やコンテンツ数も増え、このペースでいくといずれ配信インフラが破綻することは目に見えていました。

CORESERVERさんとはお別れし、次の環境へと引越しをする事になります。

次のインフラの要件としては

・高水準の処理速度

・大容量ストレージ

・帯域無制限

・そして料金が安い

などなどいくつかあり、いろいろ検討しました。

その中で、超高速WordPress実行環境KUSANAGIが目に留まりました。

伝説の剣「草薙の剣」にあやかります。

ポッドキャストは停止したとはいえ、公式サイトでの配信環境としては依然WordPressをベースにしていました。

WordPressは汎用的な配信インフラとしては定評がありますが、デメリットとしてデータの取り扱いが雑で、レスポンスが悪いという面があります。

しかしながら、まだまだWordPressを利用していきたい!!

そこで、WordPressを限界までカリッカリにチューニングしたKUSANAGIはとても魅力的でした。

途中でWordPressのサーバで有名なXサーバなどのホスティングサービスも考慮しましたが、もはや既存のホスティングではこの配信データ量に耐えうるものはなかったのです。

容量問題を経てバージョン2へ

以前利用していたCORESERVERでは、WebサーバとしてApacheを利用しており、この部分が少々遅かったのですが、KUSANAGIではNginxという軽量&高速なWebサーバを用いています。

これだけで、Googleのページスコアがかなり改善しました。

次に、数百本の宇宙海賊ラヂオに加え、500本以上の音声コンテンツをどうするかです。サーバ自体の性能はKUSANAGIのおかげで改善しましたが、容量の問題が残っていました。

CORESERVER では500GBのHDDが上限があり、増え続けるラジオに対応するには限界ギリギリでした。

そこで、低速ながら容量の制限がすくないBlobストレージ(オブジェクトストレージサービス)を利用する事で改善しました。

詳細は伏せますがAmazonS3のようなもので、OpenStack Swift形式のものを利用しています。

音声配信においては、それほどレスポンスを求められないことから問題なく配信でき、無事に課題をクリアしました。

そして、、、

途中で文字化け問題や、WordPressのデータのダダ漏れ問題、KUSANAGIへの移行の度重なる失敗を経て

無事に寺子屋の宇宙海賊ラヂオ配信インフラはバージョン2へと移行したのでありました。

 

宇宙海賊団では、技術者を募集しています。RSELeaksが面白い!と思っているそこのあなた。宇宙海賊団では、そんな戦争経済にやられっぱなしのあなたの技術を欲しています。共に文明づくりをしませんか?

我こそは!という方は、お問い合わせページから連絡願う。

次回、バージョン3への道(WordPressからの脱出)

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター


元ITエンジニア。やんちゃが過ぎてRSELeaksをハッキングし一時サイトをダウンさせるも、それをキッカケに宇宙海賊団と接触。船長Master.響のアナザフロンティア構想に感銘を受け、逆に諭されてしまう。 "ぬくもり"を知ってしまった今は「AIのシンギュラリティ」もやだし「ゲノム編集」なんてもっての外だ!!と心を入れ替えた中二病天才ハッカー。 今までPCしか触って来なかった指先が、人体端末ヒューマンタブレットと言うとてつもないユニバーサルデザインに触れた時、もはやPCなどのIT技術が時代遅れだと気づく。 一人でも多くこの事に気づいてもらいたくRSELeaks執筆活動も任される。

◎ ボディフィギュアタイプ
「なで丸太」の隠れ「フジサン」型

Copyright© RSELeaks , 2019 All Rights Reserved.