『真理』の頂上決戦ッ!!歴代の哲学者まとめ【西洋哲学編】プロローグ

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
元会計士。成績優秀八方美人、根っからの優等生であり、エリートコースをひた走っていたものの、「なんか違う、ここじゃない。」と真理を知りたくて彷徨い始めた。そんな折、たこ焼きの匂いに釣られ、行きついた先で宇宙海賊団副船長りんたろうに出会う。 り「君の知りたいことを全部知っている人がいるよ」 ジ「騙されたと思ってついていくか」 意を決してついて行くと、そこで船長Master.響との出会いが待っていた! 衝撃の真実と怒涛の情報量、この世界の地図、そして想い出させてくれた”ぬくもり”。求めていたものは今ココにあった。 そして現在、宇宙海賊団メンバーの一人としてRSELeaksの執筆活動を担うこととなったのだった!

改めて問おう。

『史上最高の真理(ホントウ)を知りたいかーーーッッ!!!?』

ウオォォォォォーーーーーーッッ!!!!!!!(大歓声)

 

衝撃の開幕宣言から早1年6ヶ月。

焦らしに焦らし、一向に始まらなかったあの闘いが遂に幕を開ける!?
お待たせしましたァァアッッッ!

『真理』を求めた智のバトルッッ!
世紀の最強哲学ファイト!

『真理』の頂上決戦ッ!!歴代の哲学者まとめ【西洋哲学編】

を開幕しますッッ!

 

人は生まれて一度くらいは、「この世の真理とは何か?」について考える。

 

『この世界(時空)は誰が作ったんだろう?』
『そもそも、なんのために作ったの?』
『社会って何?国家って何?仕事とは?愛とは?正義とは?』
『僕らは、なんのために存在し、呼吸し、生きているんだろう?』
『最期は、死んだら、ぜんぶ消えて無くなるの?』

 

そんな雲をつかむような疑問について考えた記憶があなたにもあるかもしれない。

“生まれてこのかた「真理」なんて、一度たりとも興味を持ったことないがない。”

・・・そんな人間は、この世に一人として存在しないと言っても過言ではないくらい。

 

人は、本当は
“ホントウ”に恋い焦がれてる。

 

 

ヨボヨボのジジィになって死ぬ瞬間まで、最期の最期まで真理への探究を諦めなかった奴らがいる。
優秀な頭脳を持ちながらも、決してそれを安売りしない。
まわりから白い目で見られようとも、
クレイジーと嘲笑され続けようとも、
たとえ、死刑宣告されようとも、断固曲げることなき己の意思!

 

『ばかやろう、真理を諦めるくらいなら、

死んだほうがましだぜ。へっ。』

 

金も、地位も、名誉も興味ねぇ!
ノーベル賞?そんなもん、クソくらえ!
ほしいのは、ホントウの答え!そう、この世の真実ただひとつッ!!!!

そんな、人生をかけてこの宇宙、この世界に挑んできた大バカ野郎たちの熱き威信をかけた智のバトル!!

その物語こそが、

 

「哲学」

 

なのであるッッ!!

 

 

そして…

その哲学の礎といえば、ご存知


「西洋哲学」

 

である…

 

西洋哲学とは

「彼方にこそ栄えあれ、届かぬからこそ挑むのだ…」

一向に届かない究極の真理。だからこそ漢たちはその到達を目指したのだ。

 

「今生きているこの世界とは何なのか?」
「絶対的な正しいものはこの世に存在するのか?」

 

この根源的な問いを追い求めた漢たちの軌跡こそ西洋哲学である。

彼らは考えた。考えに考え抜いて考え尽くして、それでもなお到達できない真理。

その生命を燃やしに燃やし燃やし尽くしても、志半ばにその生命の終わりが先にやってくる。

だからこそ彼らはその生涯をかけ、その時代最強最高の思考体系を打ち立てては、

書として残し、次世代に引き渡し、託していったのだった…

そして次世代はそれを受け継ぐ

 

さらにはそれを破壊する!!

 

ものの見事にその最強最高の思考体系を木端微塵に論破し、叩き潰しては、
新たな史上最強最高の思考体系を創造するのであった。

 

「より強い真理」

 

その積み重ねこそが西洋哲学なのである。

 

いよいよ開幕ッッ!!

史上最強の智のバトルッッ!

智で智を洗う漢たちの闘いの歴史ッッ!

これこそ西洋哲学ッッ!

真理の道も一歩より始まるッッ!

次回、

 

『真理』の頂上決戦ッ!!歴代の哲学者まとめ【西洋哲学編】

第1話

元祖「相対主義者」プロタゴラス 

VS 

「ギリシャ最強の論客」ソクラテス

 

乞うご期待!!

次回こそ、いよいよ本編始まるよ

ジャネ

この記事を書いている人 - WRITER -
元会計士。成績優秀八方美人、根っからの優等生であり、エリートコースをひた走っていたものの、「なんか違う、ここじゃない。」と真理を知りたくて彷徨い始めた。そんな折、たこ焼きの匂いに釣られ、行きついた先で宇宙海賊団副船長りんたろうに出会う。 り「君の知りたいことを全部知っている人がいるよ」 ジ「騙されたと思ってついていくか」 意を決してついて行くと、そこで船長Master.響との出会いが待っていた! 衝撃の真実と怒涛の情報量、この世界の地図、そして想い出させてくれた”ぬくもり”。求めていたものは今ココにあった。 そして現在、宇宙海賊団メンバーの一人としてRSELeaksの執筆活動を担うこととなったのだった!




Copyright© 【宇宙海賊団情報局】RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。