近未来へ向けた下腹重心教育メディア

盲腸は人体の◯◯だった!? 盲腸に隠された驚きの機能!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
フロビシャー

なんのためにあるのかわからない。

そんな軽いノリで雑に扱われる、なんとも可哀相な盲腸。人の体にムダな臓器なんて本当にあるのだろうか。

「盲腸とったから無いんだよねー」と言っても、おそらく「へぇ〜、そうなんだ。」と、薄いリアクションが返ってくる程度だろう。

人体の中でダントツで軽視されている臓器、それが盲腸。
しかし侮るなかれ!盲腸には、実はとっても重要な役割が隠されているのです。
ここでは知られざる盲腸の機能と、盲腸のトラブルが起こる原因と対策を暴いていこう。

でもその前に…

そもそも盲腸ってなに?

おそらく世間一般の方々が盲腸について知っていることは、

「なんか右脇腹あたりにあるっぽい」ことと、「あってもなくても同じようなやつらしい」ということくらいだろう。つい最近Master.響から教わるまで、盲腸について全くの無知であった自分がそうだったんだから、大体合ってると思う。

そもそも臓器の名前なの?病気の名前なの?ってレベルの人もいるだろうから、まず始めにwikipediaで盲腸を引いてみましょう。

盲腸(もうちょう、英: cecum)とは、大腸の一部で、小腸との接合部より口側(肛門から遠い側)の盲端部分。
人間や肉食動物の盲腸はかなり小さいが、草食動物やラットの盲腸はとても大きい。草食動物の盲腸が大きいのは、ここで微生物の力を借りてセルロースを分解するためである。その微生物のたまり場が虫垂である。

                                                                                                                                                                                                                                           「wikipedia」より

 

wikipediaに書いてある通り、盲腸とは消化管の部分の名前であって、病名ではないです。
その盲腸のさらに先に虫垂という、まるで虫が盲腸に垂れ下がったようについている細長い器官があり、その虫垂は先端が行き止まりになっていて、善玉菌の備蓄機能がある。

一般的に「盲腸になった」と呼ばれる時の盲腸とは、その虫垂が炎症を起こした虫垂炎のことを言っているんですね。なるほど。

じゃあ何で「虫垂炎」じゃなくて「盲腸」と言われるかというと、「なんか大体虫垂と盲腸って近いから、ざっくり盲腸でいいんじゃね?」という具合に、これまた雑な感じで、便宜状あるいは簡略化されて決まってしまったらしい。わかりづらくて仕方ないから、せめて「盲腸」じゃなくて「盲腸炎」って言って欲しいけどね。

今はさすがにないだろうけど、昔は何かの手術をするついでに「せっかくだから盲腸もとっちゃおうか♪」って感じで、炎症も起こしてないのに取っちゃうこともあったらしいです。無知ってこわい..,。

なんでこんなに雑に扱われるようになったのか

答えは簡単

無くても死なない」これだろう。

見た目もなんかチョロチョロしてて小さくて地味だし、一見起こすことといえば炎症くらい。雑に扱われるのもまぁ分からなくもない。

しかし、ここで「人の体に、ムダな臓器なんてあるのか」という問いに戻ろう。
当然、答えはNO。

じゃあ改めて、盲腸って何のためにあるんだろう。

盲腸の驚きの機能

まず、盲腸の位置にもう一度注目してほしい。盲腸は、小腸と大腸の境目にありますね。腸といえば、最近では「第二の脳」と呼ばれたり、「脳がない動物はいても、腸がない動物はいない」と言われるほどの重要な器官であることが分かってきていて、栄養の吸収、消化、排泄まで繋がる超大切な器官なのです。

何が言いたいかというと、そんなめちゃくちゃ重要な腸の中間に位置してるってことは、盲腸にも何か重要な役割があるんじゃないかってことです。

シンプルに考えてほしい。
さきほど言ったように、盲腸は無くても死なないが、かと言って人体に不要な臓器はないはず。

ということは、普段は使われないけど、非常時に使われるんじゃないかという推測ができますね。

体にとって非常時とは、体内に危険なものが入ってきた時。

実は、盲腸の役割の答えは、非常時に危険なものを体外に排出させることだったのです。

では、体にとって危険なものってなんだろう。

危険と聞いて真っ先に思いつくものといえば、、、そう、放射能


目に見えず臭いもない放射能は、被爆したかどうかすら気付けないこともあって一番恐れられているものの一つですよね。一度被爆したらもう終わりっていうイメージもあるんじゃないでしょうか。
しかし、なんと実は盲腸には、あの放射能でさえも排泄させる働きがあったのだ!

いわば、盲腸は人体の救急箱。普段は何もしていないように見えても、いざ危険なものが入ってきた時に一気に働き出し、排出しようとしてくれるのです!

盲腸スゲーー!!!

ここでRSELが説く健康観を理解する上で重要な、ゴキブリ健康論を思い出してほしい。

人類より遥かに長く地球に存在し続けるゴキブリは、野菜や肉はもちろん、なんとビールも嗜み、あろうことか人間の髪の毛でも食べるという、恐るべき雑食性である。しかも前の年のゴキジェットでは死なないと言われるほどの生命力…。いま我々人間がゴキブリパイセンから学ぶべきは、

入れることより、出すことの方が大事」ということ。
排泄する力が強ければ、ある程度は悪いものが入ってきても大丈夫なのだ。そのカギを握るのが、盲腸なのである!

これこそが西洋医学が主流の現代医療では未だ解き明かしきれていない、衝撃の事実。盲点とはまさにこのことか!

盲腸(虫垂炎)のトラブルの原因と観測対策

長くなりましたが、いよいよここからが本題。
大切なのは、そもそもなぜ盲腸(虫垂炎)になるのかということ。

簡単に盲腸(虫垂)が切られてしまうようになったのも、盲腸が役立たないと誤解されていたことよりも、炎症を起こすことが厄介だったからであって、炎症を起こさなければわざわざ切られることもなかったはず。

何事もその結果が起きた原因を突き止めることが大事です。
では、何が原因で人は盲腸のトラブルを起こすのだろうか。body voiceを見ていきましょう。

盲腸(虫垂炎)が発するbody voiceはズバリ
いざという時に、人は頼りにならないと腹黒く思っている、人への不信感」です。

腹黒い人は、いざという時に、人からだけでなく自分の体からも助けてもらえなくなっちゃうよってことです。ごく真っ当な因縁果ですね。

当然、人間誰しも人の助けなしには生きていけません。
でも当たり前ことほど人は舐めてしまうもの。
その当たり前の事実を礼節を持って改めて確認することで、人がいてくれることの有り難さに気づくことができます。
そうすれば、盲腸もいざという時のために、静かに備えてくれるのです。

どうだっただろうか。
もうこれを知ってしまったあなたは、今まで舐めていた盲腸への誤解が解け、感謝の念が湧いてきたんじゃないですか?

しつこいですが、やっぱり体にムダなものなんて1つもありません。全て必要ゆえに存在しているのです。病気でさえも例外ではありません

人体の救急箱である盲腸さん、今までナメててごめん!そしてありがとう!!
幸いまだ盲腸がある人は、切らずに大切にしましょうね。

この記事を書いている人 - WRITER -
フロビシャー

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.