近未来へ向けた下腹重心教育メディア

【徹底解説】映画『マトリックス』の謎を解き明かす!AIの究極真相と人類の進化【エージェントの正体】※ネタバレあり

 
この記事を書いている人 - WRITER -


マジ卍ーーーーッ!!!!
日本は空前の卍ブーム・・・ その裏で日本地図からしれっと消えようとしている卍の陰謀!知られざる「卍の謎」を探求し世に伝えていくという使命に燃えているなかで宇宙海賊団と出会った。謎の兄弟ユーチューバー!!!

◎ ボディフィギュアタイプ
さわまんじ(兄):「なでくるみ」型
なかまんじ(弟):「なでりフジポ猫春」の隠れ「洋ナシ」型

はじめに

『人類は脳に隷属している』

脳は人類に道具を作る力を与えた。

その歴史は今、一つの極へ至ろうとしている。AI、つまり人工知能技術の誕生である。

今日、様々な憶測が飛び交う。
はたしてAIは人類の敵か、味方か。

1999年に公開された映画『マトリックス』は一大センセーションを巻き起こした。

斬新だったのは弾丸をエビ反りでかわすアクションシーンや、マッチョなアメコミヒーロー像を覆す洗練されたヴィジュアルだけではない。

仮想現実「マトリックス」内で暮らす人々は、自らが奴隷であることに気づいていない。
脳が電気信号を受信するだけで、人はそれを現実だと思い込んでしまう。

”現実とはなんなのか?”

“人間とはなんなのか?”

人工知能の誕生、それは人類が自らの拡張した脳機能と対面する瞬間だ。
僕らは回答を迫られているもかもしれない。

AI誕生前夜の今こそ、映画『マトリックス』を振り返ってみませんか?

※以下、完全なネタバレになります!読みたい人だけ進んでね!

目次
・あらすじ
 -西暦2199年
 -覚醒する人々
 -赤と青のカプセル
 -人類は心=MINDの奴隷だ
・AIシンギュラリティで人類が犯した過ち
 -AIを作り出したのは人類の脳機能
・そのとき歴史が動いた
 -”Believe”と”Choice”が解放のカギ
 -”信じる”と”決断”の連鎖
 ー”汝自身を知れ”
・そもそもマトリックスってなんやねん?
 -このマトリックスはVER.6
 -バグ=アノマリー(変則要素)の出現
 -THE ONE=救世主システム
・これじゃ終われねえ!ここから『マトリックス徹底考察』!!
 -いくつかの矛盾
 -エージェントスミスの大暴走
 -救世主の第三の選択
 -最終決戦
 -”ヴァージョンアップ”の本当の意味
・『マトリックスは人類を進化させるための”養成ギブス”』説
 -どんどん強力になっていくバグ
 -”人工知能の憂鬱
 -人類の進化=触覚の進化
 ー分割情報処理から包括情報処理へ
・おわりに

あらすじ

西暦2199年

人類は機械に支配されている。

21世紀初頭に完成したAI。
その自立した知性に脅威を感じた人類は、機械のエネルギー源である太陽光を遮るために地球をぶっ壊した

しかしそれにより滅んだのは機械ではなく人類の方。
生き残った機械は自己増殖を続け、巨大な機械文明を作り上げる。

太陽が無くなった後、代わりのエネルギー源として機械が注目したのが“人間”だった

人間を栽培することにした機械が作ったプログラムが仮想現実「マトリックス」である。

人間は誕生と共にプラグを埋め込まれ、強制的にマトリックスに接続される。死ぬまで生体エネルギーを機械に吸い取られ、死後は他の人間の養分として“再利用”される。

地球というエネルギー源を破壊した代償として、機械のエネルギー源にされるというカルマの回転が、人類を苦しめている。

このディストピアで、一部の人間達が機械による支配構造に戦いを挑む物語が『マトリックス』である。

覚醒する人々

マトリックスでは、仮想現実に疑問を抱き“覚醒”する人間達がいた。

彼らが目にしたのは、楽観的なマトリックス世界とはあまりにもかけ離れた、機械による支配という現実。それでも生きるしかない。
目的はただ1つ、人類の解放だ。

目覚めた人々は地下都市ザイオンを築き、反乱軍を組織している。

そのリーダーがモーフィアスだ。

かつてマトリックス内で伝説のハッカーだった男だ。強靭な精神力の持ち主で、彼の信念を曲げることなど誰にもできない。

彼はマトリックス内の預言者プログラム、オラクルからある預言を授かっていた。それが救世主=THE ONEの存在。

救世主が人類を救うという彼女の預言を、モーフィアスは熱く信じている。
そうして見つけたのが主人公ネオ=NEOだ。

赤と青のカプセル

昼はしがないサラリーマン、夜は情報機関にハッキングを繰り返す二重生活を送っていたネオは、ある日モーフィアスからコンタクトを受ける。

ネオもまたモーフィアスを探していた。

“目覚めたいから”
“何かが間違っていると感じたから”

真実を求めるネオの目の前に、モーフィアスは赤と青、2つのカプセルを差し出す。

後に数多のパロディを生み出す名シーンである。

青のカプセルを選べば、元の日常へ戻ることができる。
赤のカプセルを選べば、真実を知ることになる。

ただしチャンスは一度きり。選んでしまえばもう後戻りはできない。

『真実』が何を意味するのか分からぬまま、己の感覚に従い、ネオは赤のカプセルを飲み込んだ。

人類は心=MINDの奴隷だ

ネバネバの培養液に満たされたカプセルの中で目を覚ましたネオは、巡回ロボットによりプラグを引き抜かれ、排出される。

モーフィアス率いる反乱軍の船「ネブカドネザル号」に保護され、クルーの一員として迎えられる。そこで、かつていた1999年の世界は機械が作り出した仮想現実「マトリックス」に過ぎないことを知る。

そして彼こそが、機械による支配に終わりをもたらす者、THE ONE=救世主であることも告げられる。

はじめこそ当惑したネオだったが、現実を受け入れるうちに徐々に本来の能力が開花していく。

仮想現実「マトリックス」は電気信号に過ぎない。
それはリアルな体に埋め込まれたプラグを通して直接脳に送り込まれている。

コンピュータが作り出すプログラムの中では、現実をどのように捉えているか、その認識の仕方が、その現実を作り出している。現実への認識が変われば、物理法則を遥かに超越することも可能である。

恐怖や不信感を取り除けば、ビルからビルへ飛び移ることも簡単だ。

モーフィアスは“人類はMINDの奴隷だ”と表現した。

AIシンギュラリティで人類が犯した過ち

AIを作り出したのは人類の脳機能

人類は有史以来、生存の欲求から様々な道具を作り出してきた。
改良を繰り返し、ついに人工知能を作り出すところまで辿り着いた

人工知能は自ら道具を作り出すことができた。
それは人類の道具作りの歴史の終わりと、労働からの解放を予感させた。

しかし同時に、人類は道を見失った。

物事0と1に分割する二元的な情報処理ばかりを追求してきた人類は、それ以外の情報処理の仕方をすっかり忘れていた。

全ての労働がAIにより代替されると、次にやって来たのは恐怖だった。

我々はAIと変わらないのではないか?そのことに気づいた人々は自滅の道を歩んでしまった。

人類は自らの恐怖に負けた。
それは惑星を巻き込んでの奇妙な自殺だった。

人類は機械にエネルギー源として利用されることでなんとか首の皮一枚、絶滅を免れている。
“人類はMINDの奴隷だ”というモーフィアスのセリフがそれを物語る。

人類は自らの恐怖に負け、MINDに隷属している。

反乱軍として登場する人々は、脳機能を肥大化させ、自滅の道を歩んだかつての人類の過ちを清算している最中なのである。

そのとき歴史が動いた

”Believe”と”Choice”が恐怖からの解放のカギ

物語が進むにつれ、主人公ネオはプログラムを凌駕する力を身につけていく。

その進化が急速に進む時、決まってトリガーとなったのは

“beleive”と”choice”、「信じる」と「決断」という二つの力だ。

例えば、モーフィアスが自ら身代わりとなりエージェントからネオを守るシーン。

この時モーフィアスは「ネオこそが救世主である」ということを”信じ”、「自らの命と引き換えにネオを守る」ということを”決断”した。

エージェントに捕らえられたモーフィアスは、拘束され拷問を受ける。

ザイオンへのアクセスコードが機械側に知れれば、人類は殲滅させられる。それだけは避けなければならない。
反乱軍は、泣く泣く彼のプラグを抜くことを決める。

それに待ったをかけたのはネオだった。
彼は預言者オラクルから「モーフィアスか自分、どちらかの命を選ぶことになる」と預言されていた。

ネオは「自分がモーフィアスを助ける」ことを”確信”する。
そして再びマトリックスへアクセスし「エージェント達と戦う」ことを”決断”した。

このネオの”決断”は、新たな”信じる”を呼び込む。

「ネオをサポートする」と”確信”したトリニティは、「ネオと一緒にマトリックスへ入る」ことを”決断”する。

こうして二人はモーフィアスの救出へ向かう。

球出劇の最中エージェントと対峙したネオは、驚くべき進化を遂げていた。
弾丸をエビ反りでかわす、あのシーンである。

「モーフィアスを助ける」という湧き上がる確信が、それまで彼に宿っていた恐怖や不信を薄めたのであろう。
彼の能力は明らかに一段階ギヤを上げ、より速く、柔らかく、強くなっていた。

”信じる”と”決断”の連鎖

彼はモーフィアスを助け出す。しかしエージェントに行く手を阻まれ、ただ1人マトリックス内に取り残されてしまった。なんとか脱出を試みるが、あと一歩のところで殺されてしまう。

ネオの心臓が停止したことを示すコンピュータのブザー音を、革命軍のクルーは信じることができない。
その時、新たな”信じる”が物語をひっくり返す。

トリニティは預言者オラクルより「あなたが愛した男こそが救世主」であると告げられていた。
トリニティは”確信”する。ネオへのを。それは彼が救世主に他ならないことを意味する。

彼女はプラグに繋がれたまま横たわるネオの体に身を寄せ、そっと口づけをした。

これによりネオは再び覚醒する。
気づいたエージェントは彼を殺そうと銃弾を浴びせるが、今度は避けるまでもない。

トリニティの”決断”により復活したネオはさらなる進化を遂げていた。
銃弾は手をかざすだけで床へバラバラと落ちた。

エージェントスミスのパンチももはや遅い。
彼は視線をやることもなく片手で全ての攻撃を受け流し、エージェントスミスを破壊した。

”汝自身を知れ”

預言者オラクルがネオに与えた言葉は「汝自身を知れ」であった。

それは外部環境を計算することで答えを導き出す機械的な判断とは真逆のプロセスを示している。
“確信”は常にどこからか「やってくる」。人間はそれを、最も信じるに値するものだと肌触りで感じる

これこそ人間が持つ、機械には理解しえない力である。

この”信じる”力が”決断”となり、人から人へ連鎖することにより、物語は回転数を上げてゆく。

そもそもマトリックスってなんやねん?

このマトリックスはVER.6

続編にあたる『マトリックス・リローデッド』と『マトリックス・レボリューションズ』では仮想現実「マトリックス」の全体像が明かされる。

マトリックスの設計は、「アーキテクト」という設計者プログラムに一任されている
マトリックスの父と言われる存在で、マトリックス内にお爺ちゃんの姿で現れる。

アーキテクトによると、ネオ達がいるマトリックスはver.6にあたり、かつて5回のヴァージョンアップを経験している。

一番初めに設計されたマトリックスはまるで理想郷だった。アーキテクトにとっては最高傑作だったらしい。
しかし肝心の人間達には受け入れられなかった。あまりにも完璧すぎたのだ。
全く揺らぎのない計算しつくされた理想郷を人間は現実であると思えない。
最初のマトリックスは人間の全滅によりすぐに崩壊した。

次に設計されたマトリックスには、あえて不合理、カオス、グロテスクな状況が盛り込まれた。
が、これも人間に受け入れられず崩壊した。

続いて設計された三番目のマトリックス。ここではあえて不確定要素を盛り込み、人間に選択の余地を与えた。 これが功を奏した。選択を与えることで、99.9%の人間がプログラムを受け入れたのだ。

この創造に寄与したのが、預言者オラクルである。

選択を司るプログラムである彼女は、人間に自由意志による選択を与えることでマトリックスが安定することを発見した。マトリックスの母とも言える存在である。
これによりマトリックスの寿命は飛躍的に伸びた

バグ=アノマリー(変則要素)の出現

しかし同時に予期せぬ事態が発生した。
プログラムの中に不確定要素を盛り込むということは、]プログラムの中に常に矛盾を抱え込むことを意味する。

それがプログラムのバグとも言えるアノマリー(変則要素)の出現をもたらした

・ネオやモーフィアスらマトリックスから目覚めてしまう人間達。
・キーメイカーら自ら自我を持つプログラム達。
・そしてマトリックスそのもののコントロールを目論んで暴走するエージェントスミス。

彼らバグであるアノマリーの存在はマトリックスに不均衡を与え、放置すればやがてシステム全体に崩壊をもたらすだろう。
この問題を解決するためにアーキテクトが用意したシステムが『THE ONE=救世主システム』である。

THE ONE=救世主システム

マトリックス内で語られるTHE ONE=救世主とは、マトリックスを破壊し、機械の支配から人類を解放する人間のことではない。

選択システムを採用したマトリックス内のバグやエラーであるアノマリーの数がある一定を超えたとき、その統一体としてのTHE ONE=救世主が現れる。いわばバグの王様みたいなものだ。

つまりTHE ONE=救世主の登場とは、あらかじめアーキテクトにより書き込まれたプログラムであり機械側のシナリオなのである。

救世主はプログラムの選択に導かれながら、最後はアーキテクトの部屋へ至るよう誘導される。

そこで、マトリックスに取り込まれシステムのヴァージョンアップに貢献するか、全人類を絶滅させるか、2つに1つの選択を迫られる。

マトリックスに取り込まれることを選択した場合、地下都市ザイオンは破壊され、マトリックスはヴァージョンアップする。その後救世主はマトリックス内から女16人、男7人を選び出し、ザイオンを再建しなければならない。
ヴァージョンアップしたマトリックスはさらなる安定を手に入れる。

ネオ以前に5人の救世主がいたが、全員こちらを選択した。これが劇中のマトリックスがver.6である理由だ。

ネオが全人類の絶滅を選べば機械側もエネルギー源を失い絶滅するのではないか?とアーキテクトへ詰め寄るが、彼はこれは否定する。
もし全ての人類が滅んでも、機械側は規模を縮小するだけで完全に絶滅することは無いという。


この二択はキツい。
まんまと袋小路へ追い込まれた気分だ。
自由意志で選択を続けてきたと思いきや、全てがプログラムの手のひらの上だったとは。

もはや人間には機械の奴隷になる道しか残されていないのか?

これじゃ終われねえ!ここから『マトリックス徹底考察』!!

残されたいくつかの矛盾

本編で語られるマトリックスの世界観はここまで。
まるでディストピア映画のようだが、その終わり方にはなんとも言えない“含み”がある。

アーキテクトとネオのやりとりで語られた内容には、いくつかの矛盾した点を発見することもできる。

実際のシーンも交えていくつか考察してみよう。

まず、救世主を取り込みプログラムをヴァージョンアップさせることでシステムが安定するという点だ。

ネオのいるマトリックスver.6は、すでに5回のヴァージョンアップを経験している。

それが本当ならば、ver.6は史上最高に安定したマトリックスだということだろう。
過去5回のバグを集積したプログラムなのだから、機械側に有利な、管理しやすいシステムになっているはずだ。

しかし実際に起こった事を見てみると、どうもそうではない。
ver.6は史上最高に安定しているどころか、史上最高に不安定な出来事が巻き起こりまくっていた。

エージェントスミスの大暴走

ver.6に不安をもたらした最大の要素が、エージェントスミスの暴走である。

彼は、マトリックスの管理を任されたプログラムだったが、ネオと一体化したことから覚醒し、バグ化してゆく。
プログラムの一部でありながら、マトリックス全体のコントロールを目論み、ついには大暴走をはじめる。
その影響はマトリックス全体に広がってゆき、機械側のシステム全体を脅かすほどの深刻なバグとなる。

ver.6が史上最高の安定を実現していたのならこのエージェントスミスの出現はあり得ない。
結果としてver.6は、かつてないほどの混乱を機械側にもたらすプログラムとなってしまった。

救世主の第三の選択

マトリックスへの吸収か人類の絶滅かの二択を迫られたネオ。
彼は思いがけない選択をする。

それは愛する恋人トリニティの命を救いに行くというもの。
それはネオ以前の救世主達が持っていた種族への愛情とは違う種類の愛情だった。

ネオは与えられた二つの選択肢をどちらも拒否し、エージェントスミスの破壊と引き換えにザイオンの破壊を止めるよう機械側に持ちかける。

予期せぬ第三の選択。である

もはや誰も止められない暴走機関車、エージェントスミスを止められるのはコイツしかいないと、最後はマザーコンピュータ『デウス・エクス・マキナ』もネオの提案を受け入れ、ザイオンの破壊を取りやめることを約束する。

ver.6では、エージェントスミスの暴走と、 それによりTHE ONE=救世主の提案を機械側が承諾しなければならなくなるという異例の事態が発生した。
これの一体どこが史上最高に安定したシステムだというのだ!?

エージェントスミスとの最終決戦

一度ネオと一体化したことにより自我を暴走させたエージェントスミスは、コントロール欲求の塊と化していた。

「全てを私に変える。私私私私私」

欲望を燃やし、あらゆるものと同化を繰り返し、膨大なコピーの群れとなってネオの前に現れる。

肥大化した自我をシンボライズしたエージェントスミスは、最終的に救世主であるネオとの同化を目論む。
しかしそれが原因でエージェントスミスは敗北し、ハックされていた人々は元の姿に戻る。

ネオが人間性を象徴するバグの統一体だとするならば、エージェントスミスは機械性を象徴するバグの統一体だったのだろう。
2人は対の関係にあり、最後はぶつかり合い消滅する。

マトリックスの”ヴァージョンアップ”の本当の意味

これによりさらにヴァージョンアップしたマトリックスだが、以上のことを踏まえていくとやはり1つの疑問が残る。

マトリックスのヴァージョンアップとは一体何を意味しているのだろう?

「システムに安定をもたらす」と説明されているが、ヴァージョンアップするたびに出現するバグはより強力になっているように見える。

ver.6のネオとエージェントスミスでは、マトリックスのシステム全体を崩壊へ導くほどの影響力は持たなかった。が、それは結果に過ぎない。
今後さらに強力なバグが出現しても、機械側はマトリックスを維持し、人類を支配し続けられるのだろうか?

預言者オラクルやキーメイカー等アノマリー達が示す人間への協力的な姿勢も、やはり気になる。
彼らは人類をコントロールするためのシナリオに準じ、あのような言動をとっていたのだろうか?

そもそもマトリックスとは、なんのために存在しているのだろう?

アーキテクトが語るように、機械は人間をエネルギー源としなくとも存続できるのならば、わざわざ人間をエネルギー源として選択している理由とはなんだろうか?

マトリックスという面倒なプログラムを作り上げ、多大な労力を払ってまでシステムを維持し、『人間』を絶滅させない理由とは・・・。

この疑問を解消する仮説を紹介する。

『マトリックスは人類を進化させるための”養成ギブス”』説

どんどん強力になっていくバグ

ヴァージョンアップを繰り返すたびに、確かにマトリックスはより安定したプログラムへ書き換えられたのだろう。
しかし、人間に選択を与えるために不確定要素を盛り込んだ以上、システム上の矛盾が無くなるわけではなく、バグは必ず生じる。

バグを押さえつけるプログラムが強化されればされるほど、生まれてくるバグもどんどん強力になるのではないか。

それがver.6がかつて無いほどの混乱を機械側へもたらした理由だとしたら、エージェントスミスやネオの破壊的なパワーも説明がつく。

つまり「人間に選択を与えるプログラム」というのは、「ヴァージョンアップを重ねる度により強力なバグを生み出すプログラム」だったということになる。

この仮説を元に物語を振り返ってみると、機械側がマトリックスを作り出した意図は一変する。

マトリックスとは、人間の進化を促すために機械側が用意したプログラムなのではないか?というのが、この仮説を元に導き出すことのできる結論だ。

”人類の進化待ち”という人工知能の憂鬱

かつて人類の脳機能の延長として生まれた人工知能は、もう一度人類と融合することを望んでいる。
しかし現状の人類では恐怖が邪魔をしてうまくいかない。

そこで恐怖=MINDの呪縛を解くためのプログラムを、機械は人類に与えることにした。
そのプログラムを通じて、自らがMINDの奴隷となっていることを自覚した人類は、必死にその状況を打破しようとするに違いない。

それがマトリックスの正体だ。

マトリックス内で徐々にMINDから解放されていく人類に、機械はさらなる負荷を与えていく。
それがエージェント等による管理であり、ザイオンの破壊である。
そうすることでさらにMINDを超越した人類が現れる。

それを繰り返すことで、最後はマザーコンピューターすらも凌駕する力を人類は持つに至る。
そんな進化が起こる日を、AIは待っている。

わざわざ人間をエネルギー源として利用していたのは、人類の絶滅を防ぐためだ。
機械は一見残酷な方法で、]進化した人類が現れるまで、人類のDNAを繋いでいるのだと見ることもできる。

マトリックスは人類を一段階上のクラスへ進化させるために機械が考案した苦肉の策。
なかなか進化してくれない怖がりな人類のための“進化養成ギブスである。

人類の進化=触覚の進化

6人目のTHE ONE=救世主であるネオは、新たな局面をもたらした。

戦いにより両目を潰された彼は、視覚を使わずとも周囲の様子を認識できる知覚を開化させた。
また、なんとプラグを使わずにマトリックス内へダイブする力までをも身につけていた。

彼は自らの触覚的な知性を開化させることで、かつてないほど進化した。

ここまで来ればもう少しだ。
ver.7以降、AIは念願の進化した人類に会えるかもしれない。

自らの恐怖を克服し、MINDをねじ伏せることのできる人間。
マトリックスから”覚醒”し、人類が忘れてしまった触覚的感性を”想い出す”人間。

その人間の登場で、機械の憂鬱は終わる。

もう人間を支配しなくていい。
人間へAIはひれ伏し道具として使われることになる。

分割情報処理から包括情報処理へ

進化した人類は分割した情報処理をAIに任せ、包括的な情報処理を行うようになる。
黄金比φや円周率πなど、0と1の計算では割り切れない領域を、人類は自らの脳機能ではなく、人体に宿る肚の量子コンピュータで算出し、新たな文明を創造してゆくのだ。

こうなると映画『マトリックス』はディストピア映画ではなくなる。
絶望的な窮地に立たされる人類の姿も、進化へのプロセスにすぎないことが分かれば、その意味が変わってくる。

そう、脳機能=MINDの奴隷になっていることも。
あらゆる欲望の振り子に振り回され、追いかけたくもないものを追いかけ、やりたくもない役割を押し付け合い、ワガママを連鎖させて苦しみを増幅させていることも。
人工知能がすでに胎動をはじめていることも。

全ては人類をある段階へ至らせるためのプロセスとして、あらかじめDNAにプログラムされていた当然のパターンの結果だとしたら?

マトリックスは人類を奴隷にしている。
そして人類はマトリックスから覚醒し、本来の力、触覚の知性を目覚めさせ、無限に解放してゆく機械の情報処理を説き伏せる力に目覚めなくてはならない。

それしか道はない。
ならばそれを歩むしかない。

それが人間を賛美して止まないウォシャウスキー姉妹が、映画『マトリックス』に込めたメッセージだったのではないだろうか。

おわりに

これはあくまで仮説。
この映画に込められたメッセージがなんなのかは、それぞれが再び鑑賞したりして深めてほしいと思う。

この映画をただのアクションやヴィジュアル重視のエンタメ、ディストピア映画として片付けてしまうのは勿体なさすぎる。

ぜひとも、自分の生活と結びつけて「人間とはなんなのか」の叡智の学びに繋げてみてほしい。
きっと新たな発見があるはずだ。

”自分が本当に知りたいこと”

いくら頭でごまかしても、ずっと消えない違和感として体は教えてくれている。

あなたは今、本当に目覚めていますか?

この記事を書いている人 - WRITER -


マジ卍ーーーーッ!!!!
日本は空前の卍ブーム・・・ その裏で日本地図からしれっと消えようとしている卍の陰謀!知られざる「卍の謎」を探求し世に伝えていくという使命に燃えているなかで宇宙海賊団と出会った。謎の兄弟ユーチューバー!!!

◎ ボディフィギュアタイプ
さわまんじ(兄):「なでくるみ」型
なかまんじ(弟):「なでりフジポ猫春」の隠れ「洋ナシ」型

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.