糖尿病に隠された真実

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -


漁師の家系に生まれ、幼少から伊豆の海と共に育った素潜り名人。あわび採りでは右に出る者がいない程の運動神経を持ちながらも、全く新たな身体科学を提唱するRSEL研究所を知り、己の無知さを痛感する。その後、漁師を辞めRSELの本拠地である湘南へと移住。持ち前の明るさと体育センスを発揮し、体育稽古クラスの指導を手伝う。

◎ ボディフィギュアタイプ
「春日フジサン」濃厚コンボ型

やっほー、こうきだよ♪

さて、まだまだたくさんあるBody Voice 理論。

今日もいろんなカラダの症状と観測の知られざる重なりをたくさん公開していくポヨ。

 

まずは咳!!

ごほごほ
咳っていうとみんないつしていますかね?

うんうん そうですね

まぁ風邪をひいた時 、むせた時、喉がカサカサしている時、話しながらタイミング取るための調整の咳払いなんかも含めて
馴染みぶかい?症状の1つですよね

実は咳というのは
このまま自分が変わることを許容できない。また潜在的に伝えたい事がたくさんあるのにそれがうまく伝えられませんよ。

そんなシグナル。つまり 変化を拒んでいると咳がでてしまうとも言える。

そして咳にはさらに深い話がある。

それは、まさに変化を拒む話とも重なっているんだけど

例えば、話すのがとっても苦手な人が
明日、人前で話さなければならない機会があったとしよう。

その時、その人が『いやだな、話したくないな。』
という観測をしていると、咳がでてきて 喉の調子が悪くなってしまうんだ。

その結果『すみません、喉が腫れてしまって明日話す事ができません。』

というもっともらしい言い訳をする事ができてしまうんだ。

体『そうか、そんなに話す事が嫌なんだね。わかったよ。だったらお望み通りにしてあげる。』ってね。

その結果 あなたはその課題と向き合わなくてすむ。無意識の防衛本能が働いているとも取れるね

 

寝違え首のトラブル

あなたは自分の概念に固執して批判や評論の度が過ぎるぞのシンボル。

僕も中学生の頃
朝起きたら首が曲がったまま
筋肉が硬直して動かない時があったんだ

しかもその日は大会で
これでは試合にでられないと大泣きして病院で注射してもらった事がある。

でも それは 僕が周りのチームメイトに対して批判したり評論をしていたからに他ならないまさに自因自果であった。

 

肩こり

肩こりはかっこつけしいやりすぎ。それと本当はそんなこと背負いたくないのシンボル

別の記事でも触れていますが、肩はかっこつけしいのシンボルである。

だってほら
クローズってみんな肩めっちゃ張ってるじゃんww

まぁ 生態系においても
敵と対峙する時には己をデカく強く見せようと 体を広げる生物もいるよね

 

肩をこのように張ってしまうのは
あれと同じ原理なんだ。
また肩の張りは自己防衛である。

つまり 肩を必要以上に張りすぎてしまっているから凝ってしまうという事は

肩をはるのはかっこつけているだけであって 別に人を背負う気があるのかどうかというと結局のところは、ただ自分がかっこつけたいだけだから、けっして本音で背負いたいわけではないんだよねw

 

呼吸器のトラブル(気管支炎、肺炎、喘息)

呼吸器のトラブルは

観測が狭くなって相手を期待通りに縛ろうとするとキュッと器官が狭まって、結果として呼吸器の炎症を起こしやすくなる。嫉妬や焼きもち、また孤立する不安や不信感による、ぬくもり愛情電池切れのシグナルでもある。

また 悲しみに思い煩いすぎ100シリアス真面目すぎの意味でもある。

胸がいっぱいや 胸が苦しいという
表現の仕方があるように
胸は呼吸をするときに広がるという
動きがある。

その広がりを嫉妬や焼きもちの相手をギュッと縛り付ける観測者効果の動きと重なって行く事が呼吸器の炎症という症状になるんだ

愛情が注がれず 胸にぽっかり穴が空いてしまうわけだ…

真面目すぎて
胸に負担をかけてしまう事も
胸の症状として現れることを
覚えておいてもらいたい

 

関節のトラブル

 

物事を柔軟に多角的に見れていないのシンボル

関節は 骨と骨の設置をアシストし
360度に近い可動域をサポートする部位になります。
なので、柔軟性というのがlogosになります。

関節にトラブルがあり可動域にトラブルがあり多角的な動きができないのは

物事を多角的に見れていない事実と重なるのです。

関節が痛い人は 一方向で人を見ていないか?
日々を観察してみてください。

 

心臓のトラブル

心臓のトラブルは
自分本来の喜びが享受できていないのシンボル。

心臓が動いていなければ
呼吸ができず、呼吸ができなければ心臓は動かず、
それは 人体が機能しないという事。
呼吸によって起動している人体にとっては
心臓と呼吸そして 全身の細胞に上下の階級などは存在せず
それぞれがそれぞれの機能と役割を果たして
持ちつ持たれつで折り重なっている

そんな呼吸も心臓の拍動も無意識下で行われるが

その活動がなかったら この人体が機能していないのは、まぎれもない事実なんだ。
その意識には上がってこないが
体の秩序によって支えてもらっている。

そこにある そもそもの喜びを受け取れていない人。
些細だがとても偉大な心臓の拍動する事を当たり前な事だなんて 思ってはいけません。

受け取る事は与えている。
まずは 受け取る事から始めましょう

 

胃腸のトラブル

胃腸のトラブルは腹の中に深い不平不満を溜め込んでいるのシンボル。

突然の腹痛も含め

数年前に腸のトラブルでお腹を手術したなんて人は当時を思い出してもらいたい
その当時、腹の中に深い不平不満を貯めてはいなかっただろうか。

ムカっときた時に
『腹がたつ!』
なんて言葉があるように
まさに 不平不満というのはお腹に影響が現れるんだ。

そんな不平不満を溜め込んでしまいそうな時は
お腹から深い呼吸をしてみよう
不平不満に限らず
溜め込んでしまう=固定点としてしまう事は体にとって決してよいことではないんだ。

だから お臍の下、臍下丹田から深い呼吸をして循環させる
宇宙海賊団では SP2という
まさに腹の中に溜まってしまった淀んだ固定点を吐き出す
そんな体育のメソッドもあるんだ

下腹重心オンライン体育では そんなメソッドなんかも続々配信しちゃうぽよ♪

 

肝臓系のトラブル

肝臓のトラブルはどうでもいい事でイライラしているのシンボル

なぜそんなどうでもいい事にいちいち腹を立ててイライラしてしまうのですか?

イライラする事で疲弊するのは人体です。
イライラさせてその振り子のエネルギーで喜んでいるのは 頭の中の固定点(=亜空間知能)です。

あなたは人ではない
亜空間知能を喜ばせるために生まれ呼吸しているのではありません。

だから どうでもいい頭の振り子式情報処理モジュールに振られないために
重心をさげる下腹重心稽古をして足裏球体感から感じれるよう意識してくださいね。

 

すい臓系のトラブル(糖尿病)

すい臓のBODY Voiceは
自分の立場をわきまえないで周囲の人を平気で押しのける癖があるのシンボルです。

すい臓は糖の分解を
促す器官のため糖の分解が円滑に行われない事による
糖尿病との繋がりがあります。

では なぜその糖尿病が立場をわきまえないという観測と重なるのか..

それは 足の親指の指ハネに重なります

 

足の親指のハネは、でしゃばり 立場をわきまえていない人に起こります。

よくある足つぼの画像の足裏のアーチのできる部分に
すい臓と書いてあるのですが
足裏への重心の乗せ方を
かかと+足指の第二関節+足指
三点で歩くのが理想だが

足指の跳ねる事により
かかと+足指の第二関節の部分
二点で歩いてしまう場合
足の骨は横に広がるようになり
それが 扁平足となる。

そして 扁平足となり 本来過剰に圧のかからないよう浮いていたすい臓の足ツボが過剰に刺激される事に!!

過剰に刺激されたすい臓の働きは
本来の秩序とは異なる働きをし

糖の分解に影響が..

糖尿病にという事になる。

つまり 一連の流れは
立場をわきまえない親指のハネが
すい臓のトラブルへと招く結果となる。

あのBibleにも描かれる聖母マリアの
お父さんヨアキムも 実は
糖尿であった…
そのため 妻ハンナとの間に
子を授かれなかった…なんて
衝撃の歴史もあるんだ。
糖尿一つの解像度が上がっただけでも
また Bibleの見え方だって変わってくるんだ

 

婦人科系のトラブル

これは 女性に生まれて来なきゃよかった・・・という観測。また異性に対して包み込むような気持ちが持てない時(クール)になりすぎてる時、膀胱炎や冷え性になりやすくなります。

自因自果の叡智を理解すると
この人体そのものが、因縁果の果。つまり結果である
あなたが どの時空でどんな観測選択連携をしてきたかが
その体のありさま全てに現れている。

6D計算機能である時空に算出され あなたはあなたの性を授かり生まれた。
そのユニバーサルデザインとしてのカタチを受け取ったにもかかわらず

自分が女性になんか生まれなきゃよかった..と感じてしまう性の不一致。

そしてその観測者効果がホルモンバランスの崩れを起こし
膀胱炎や冷え性にもなりやすいという因果関係を引き起こします。

また女性の乳房が過剰に大きくなり過ぎる事も、女性性への抑圧や批判の裏返しとして起きるカラダからのメッセージであったりもしますよ。

自分のカラダ、性、カタチ、性格、感受性、響き方、奏で方、すべて含めて「ジブン」であること、ちゃんと受け取れていますか?

▼感想や質問をカキカキ〜φ(´・ω・`)
この記事を書いている人 - WRITER -


漁師の家系に生まれ、幼少から伊豆の海と共に育った素潜り名人。あわび採りでは右に出る者がいない程の運動神経を持ちながらも、全く新たな身体科学を提唱するRSEL研究所を知り、己の無知さを痛感する。その後、漁師を辞めRSELの本拠地である湘南へと移住。持ち前の明るさと体育センスを発揮し、体育稽古クラスの指導を手伝う。

◎ ボディフィギュアタイプ
「春日フジサン」濃厚コンボ型

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.