人はなぜ学ぶのか?#3

 
この記事を書いている人 - WRITER -
料理長フール


RSEL宴科の料理長。

◉ ボディフィギュアタイプ
「くみせんなでり」の隠れ「猫背」型



ID @sekirintaro

前回の記事:人はなぜ学ぶのか?#1
人はなぜ学ぶのか?#2

はい、というわけで今日も始まりました。フールがお送りする”人はなぜ学ぶのかシリーズ”
このシリーズは今日でラストになるけど、皆さんどうですか?
少しは学べましたか?
今までの浅はかさを認知できましたか?

ほとんどの人がなんとな~くって感じでアイス食べながらボケーっとしてると思うので前回までの大切なポイントをおさらいしてみましょう!
子, 氷, アイス クリーム コーン, 氷を食べる, 夏, 味, 甘い, ニブル

◎そもそも自分と他人というに分割をした時点で何も学べてなかったということ

◎学ぶ=自分のためにという一人称で学ぶのではなく、自分はどんな役割で人の役割に立てるのかを知るために学ぶこと

◎一人一人が持っている人体は誰かに食べられるためにある。けれど学んでないから、自分の役割を知らないから恐怖して逃げてしまっている

◎”自他力”によって回転しているのに”自分だけ”という固定点によって止めてしまっている

◎僕らは違うから学び合えるし、尊敬できる。”適者生存”で生きている

◎学びを舐め続けることは、今から逃げている。今、果たすべき責任から逃げ続けている。

まずはここを頭に叩き込んで今日も読み進めていってください。

自由ってなんですの?

馬, 群れ, ダスト, 自然, 野生, 馬の, 運動, ギャロップ, 動物

ズバリ言います!!!
自分という狭い世界でいる内は、永遠に自由にはなれません。

自由とは、自ずの由縁を知るという意味です。
この人体が持つ由縁を知らない間は自由にはなれません。

僕の好きな言葉で”縛解一如”という言葉があります。

縛ることと解くこと
どちらもあって、一つになる。
という意味です。

自由になりたいと願う人は多いです。好きなことで生きることが自由だということを何も疑わない。

縛られるのは不自由だから起業したり生き方を必死に探している。
人生は一度切りだから、
自分のために自由に暮らそうと。

解かれることばかり考えている。

もう一度、考えてみてください。

自由に大空を羽ばたいてる鳥は空気抵抗があるから飛べてますよね?あらゆる建築物に使える釘は木などの物理抵抗があるから打てますよね?

自由とは時間にも制約がなく、
好きなときに寝て起きて遊べることではない。

よく時間が自由になった人が言ってます。

「時間的な自由を得られたと思っていたが、自由な時間があるほど己を縛らないと何も出来なくなっていく」
と。

要するに人体は知ってるんですよ。
縛るべき型がないと解かれないことを。
本当の自由にはならないことを。
縛から逃げていると何も成せないことを。

ここまで僕は学びという縛をした上でしか己の由縁を知ることは出来ないとお伝えしました。

学ぶことで縛をすれば、
己のすべきこと、
己の本分が分かると。
分かった時に解かれて自由になると。

633の学校教育では未来に依存させられました。

子供, 幼児, 女の子, 学校, 読書, 勉強, インド, 貧しい
その結果が今です。
自由とはほど遠く元気が無くなり、病に犯されてます。
しかもテクノロジーが発達し、自由になっているかと思い込んでるのが余計に恐いです。
恐怖を恐怖と感じないマヒ状態
もはや地獄なうですよ。縛をしないと人体から元気は漏れ続けカラカラに干からびて朽ち果てます。最後まで学ぶことを受け身の状態ではICチップを埋め込まれ、
強制的にトランスヒューマニズムになってしまう。
学べば全て分かることですし、
この巣別れが今も着々と進んでいるのです。どうですか?
もはや学ばないことは他人事ではないでしょ?

学校教育や社会では未来に依存することを教え続けているとしたら、
寺子屋では学ぶことに依存しやがれ!って感じです。

学ぶことでしか自由は得られないっす。
だから舐めるな!と声を大にして今、伝えてるのです。

人のことを想いたいと思っても
近い将来、何も感じられなくなる体になってもいいんですか?と。

そこに悔しがり、日々学ぶことでしか何も解決しません。
学ぶことで元気になれるし、
学ぶことで解決しない悩みはないんです。

僕は師からそう学びました。

フールという名の由縁

顔, ピエロ, パレード, 式, 芝居, ホワイト, 化粧, プライド

ここまで色々とお伝えしましたが、僕自身も決して偉そうに言える立場ではありません。

僕自身も例外なく無知でした。
今まで学びを誤読し、
自分のためだけに生きてきました。
師と出逢い、学ぶことを教わってもビジネスに利用することしか考えていませんでした。
足りないと感じたからそれを埋めに行こうと寺子屋に通っていました。

自分のビジネスが上手くいけばそれでいい。
共に学んでいた仲間や師はどうなってもいいや、と心のどこかでは思っていました。
醜いです。
とても、とても。

でも、まずはそれに気づけと師は教え続けてくれました。

無知の知を教わりました。

その時に僕はフールと名付けられました。
【愚者】という意味があります。

愚者とは考えることをしない、
アホで愚かな人のことでありません。

ここで言う、フールとは
【進んでバカになり、赤ちゃんのように空っぽになって学べる者のことです。】

水, 再生, 子供, 若者, 幸せ, 女の子, 楽しい, 人, 夏, 子

五歳児のように楽しいと思ったら朝から晩まで夢中になって遊ぶ子供のような状態です。
大人が感じてる羞恥心など微塵にも感じず、渇いたスポンジのようにドンドン吸収していく

どんどん常識が身に付くと
頭でこねくり回して行動出来なくなります。

僕は誰よりそれが強かった
固定した見方ばかりしていて、
学び損ねることばかり。

そんな僕に赤ちゃんのように空っぽになって愚直に学びなさい。
という意味を込めて
フールと名付けて頂きました。

空っぽにした器があるから新しい水を注げる。
頭でっかちで知識だけを蓄えてしまう癖を身につけたモノたちは
器が満たされているのに、水を欲しいと言う。

いくら注いでももう入らないのに。
足りない足りないと毎日苦しむ。
捨てたら学べるのに、何かが足りないと思い込んでる。

何かが足りないのではない。
何かが多いのだ。

あなたは空っぽに出来てますか?
それとも注げる余白はないのに
足りない病になっていませんか?

大切なのは捨てること。
素直になること。

あなたの思い込みが学びの邪魔となるんです。

僕自身がそうだったから、
素直に思えます。
空っぽで学ぶっていいもんですよ。
思いっきり負けを認めてひれ伏すのって気持ち良いですよ。

そして僕が筆を取ったのは
学ぶことを止めないため。
学ばなかった醜因があるから
生々しく伝えられる。
そして師であるMaster響から学びの大切さを体を通して今も尚、教わり続けているから。

学びは自分のためだけで終えてはいけない。
教わったことは誰かに教えなければいけない。
学び、教えることで懺悔しなくてはいけないのです。

今までやってこなかったから、
逃げ続けたから。
まずは懺悔なのです。

【学ぶこと】
【教えること】
【懺悔すること】

僕らは個で生きてるんじゃない。
群れとして生きてるんだ。
そして群れとして学ぶんだ。
人と違うから学べる。
だから人に託せる。

忘れてしまっているだけなんだ。
生きることは学び、想い出すこと。

想い出すためにも学ぶことだけは忘れてはいけない。

学ばない者には同じ因縁果が回り続けるでしょう。
学ばないことが一番の醜因と気付かないでしょう。

およそ100年前に失われてしまった学びを取り戻すために今、RSEL寺子屋はあるのです。
誰よりも悔しがって闘っているのが
Master響なのです。

学ぶものと学ばないものの
巣別れは既に始まっている

僕は今日も息を吸うように学び、稽古し、準備します。
己がすべきことを淡々と。

あなたは学ぶ準備は出来ているだろうか?

あなたが出来ないこと縁取り、
誰かに託すために。
あなたが出来る役割を知り、
誰かから託されるために。
学ぶ準備が出来ているだろうか?

“私のための誰か”ではなく、
“誰かのための私”になる準備が
出来ているだろうか?

今、まさに問われている。

by  Stay  fool…

▼感想や質問をカキカキ〜φ(´・ω・`)
この記事を書いている人 - WRITER -
料理長フール


RSEL宴科の料理長。

◉ ボディフィギュアタイプ
「くみせんなでり」の隠れ「猫背」型



ID @sekirintaro

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.