人はなぜ学ぶのか?#2

 
この記事を書いている人 - WRITER -
料理長フール


RSEL宴科の料理長。

◉ ボディフィギュアタイプ
「くみせんなでり」の隠れ「猫背」型



ID @sekirintaro

前回の記事:人はなぜ学ぶのか?①
ぬくもり料理人フール

ぬくもり料理人フールです。さ、今日も包丁は置いて”学ぶ”について綴っていこうと思います。付いてきたい方だけどうぞ。
きっとあなたが思っていた”学ぶ”とは違うはずです。では早速、気になる結論からお伝えします。

学ぶとは自分のためだけに学ぶことではない

悲しい, 男, 落ち込ん, 悲しみ, 背景, 若, 人, ホワイト, うつ病

全てが間違っていた。

知識のため
職を得るため
出世のため
利権のため
人から尊敬されるため
人に講釈をたれるため

全て違う。

“人の役に立つために学ぶ。
今の自分に何が出来るのか、
役割を知るために学ぶ”

これが学びの本質です。
僕らは順番を間違えてしまっているんです。

好きなことで起業しよう。
不労収入で暮らして毎日旅しながら遊んで暮らそう。
社畜から抜け出して好きことで暮らしたい。

自分が好きな何かをしたいから
が前提なんです。
またそれか…と
ため息が出るほど同じパターンでしか人は動いていません。
好きなことで生きれないと人生が終わったかのような腐りきった
ゾンビのような顔で歩いてます。
現実を忘れたいからスマホのゲームに依存して毎日を過ごしています。
自分にもチャンスが来たと勘違いして仮想通貨に手を出します。
本当は飽き飽きしてるんじゃないですか?
ことあるごとに踊らされて、
ただただ無知なあまり
流される日々に。

何も分からないなら学ぶしかないんです。
己とは何をするために生まれてきたのか?
役割は何なのか?
それは始めは分からない
だから学ぶ。
役割を果たして人に役に立てるようになるために学ぶ。

その結果、仕事になってるだけなのです。

でも僕らは学ばないから
役割とは無関係な誰かになろうと必死に自分探しをしてる。
自分の願望を満たしてくれれば満足というオナニー的な居場所や人を探してる。

自分探しのための学校
自分探しのための会社
自分探しのための起業
自分探しのためのコミュニティ

ずっと自分のことで悩んでる

でも自分だけで解決出来たことあるの?

いつも自分以外の誰かに解決してもらったんじゃないの?

そして例外なく、あなたも誰かを助けているんです。

そうやって回転してるんです
持ちつ持たれつなんです。
人から習い、人に教えるのです。
決して自分だけのためじゃない
学ぶとは自分の頭の中だけで完結することではない。
人と連係して学ぶことだ。

 

いくら東大の医学部に行ってようが、有名な上場企業に勤めていようが、学べているとは言えない。

学歴とか職歴とか、そんな名詞なんかじゃ絶対に計れない。
ド庶民だろうが、貴族だろうが今の現代では誰しもが不自由なく学ぶことが出来る。
だけど、皆忘れちゃってるんです。
大切なこと忘れちゃってるんですよ、僕らは。
それだけ”自分だけ”に毎日必死だということです。

それぞれに役割があるとしたら
それはとても滑稽ではないですか?

でも、これが現実なんです。
皆、誰かになろうとして自分を知らないから。
自分だけに必死だから周りを感じられない。
当然、それを叱る人もいなくなります。
ちゃんと教育出来る人がいなくなったのです。

およそ100年前までは日本には
寺子屋という文化がありました。

昔は子供たちに学びを誤解させないように教えてくれる大人がいたのです。

しかし、寺子屋が崩壊して
勤勉だった日本人から
学ぶということが奪われ、
大きく誤読され始めたのです。

そして、現代は大きく学ぶということがズレて遠退いてしまった。

人体とは誰かに食べられるための果実

アップル, 赤, 赤いりんご, リンゴの果樹園, おいしい, フルーツ
僕らは学んでいないから
この体を自分のためだけに使ってしまっているけど、
この体で助かる人がいたとしたら
あなたはどうしますか?

あなたという果実を食べたいと思っている人がいて、
食べることで助かる。
あなたが食われるという役割を果たすことで助けられるとしたら、
どうしますか?

恐らく、口では助けると言います。

でも僕らがやってることは
食べられるのメッチャ怖い!
逃げたい!
逃げたい!
逃げたい!
と、逃げ回ってる状態なんです。

どうですか?
樹に実ってるリンゴが逃げ出そうとしたら?

お前、何のために実ったの?
食われるのが役割なんじゃないの?

って、思いません?

もう絶望ですよね。

 

これが今の僕らです。

さらに気持ち悪いのが、
自分は誰かの実を食べて生かされてる背景があるのにフルシカトです。

 

その内、腐り始めて誰も近寄って来なくなります。
食べたいと願った誰かもいなくなります。

 

自分という分割した世界から出たくない。

家族, 離婚, 分離, 前, 結婚の離婚, 子供, 父, 母, 娘, 息子
変化したくない。
樹から落ちて腐り果てても気付かないまま、土に還る
そしてまたそこからリンゴの樹が根を張り、地上に伸び、リンゴの樹として果実を実らせる。

しかし、学んでないものは
またしても変化を拒み
食べられることを恐れ、
誰かを生かすためではなく
自分という狭い世界で腐り果てていく。
人がいない世界を…
それを無限ループするのです。

学ばないとはそういうことです。

 

“己の本分を見定めず、何も知らないこと”

己の人体でやれること
個人に対してやれること
組織の中でやれること
住んでる国や地域でやれること
時対レベルでやれること
それを見出ださず、放棄している。

人体が持つ役割に何も責任を持っていないんです。
責任は持たないことは
誰かの可能性の光を消しています。
あなたの人体が持つ役割に責任を持ち、役割を全うするために何をすべきなのか?
この人体が意味を成す役割は何なのか?

ちゃんと学んで自己対話をすべきなのです。
それは義務です。

しかし、学ばないもの愚かです。

己すら知らないのに、誰かの役に立てると思い込んでボランティアをしたり人の相談にのり、自分の役割でないことの課題に突っ込みます。
課題を棲み分けせず、同一化してしまっているのです

そんな人が解決出来ると思いますか?
ただの自己満ですよね。
やっぱり学びを舐めてますよね?

いい加減にしろと声を大にして言いたいのです。

同じ人体はありません。
皆が違う。
違うから出来ることも違う。
向き合うべき課題も違う。
すべき役割も違う。
だから人に託せるのです。
だから人に頼れるのです。

そうすることで、自分も誰かから
頼られるようになれるのです。
誰かから食べたいと思われるんです。

そうやって球体感で回転しいることをRSEL寺子屋では”自他力“と呼んでいます。
自分と他人という分割をしてしまえば、球体は回転しません。

 

自分では解決出来ないことを
誰かに託して解決してもらう。
自分が解決出来る番に来たら
解決してあげる。

違うから尊敬出来るのです。

だから弱肉強食ではなく、
【適者生存】なのです。
役割を果たし
適した所で生きる。

それなのに自分と他人を分割させ、上下対立させて争い、
違いを無くさせ同一化させる。

学んでないと何も気づかず、悔しがらず、ヘラヘラしながら毎日を過ごしてしまうんですよ。

すべきことを忘れてしまうんです。

あなたは悔しくありませんか?
あなたが責任を持たなかったら
誰も責任取れません。
代わりに体に入って動かすことは出来ないのです。
誰かの役に立つことは出来ないのです。

あなたはいつまで学ぶことから
逃げますか?

あなたはいつまで責任から逃げ続けますか?

▼感想や質問をカキカキ〜φ(´・ω・`)
この記事を書いている人 - WRITER -
料理長フール


RSEL宴科の料理長。

◉ ボディフィギュアタイプ
「くみせんなでり」の隠れ「猫背」型



ID @sekirintaro

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.