フリーメイソンの名簿とタイタニック号の陰謀説。

 
この記事を書いている人 - WRITER -


日本から失われた雅やかな美的感性が、脳ではなく身体感覚=肚文化と深い繋がりにある事を学び、「ボディフィギュア理論」「下腹重心論」等の身体科学研究者Master.Kのもとへ師事。また研究所の広報、編集も担う。

◉ ボディフィギュアタイプ
「いかり春日」の隠れ「ポッキー」型



ID @sekirintaro

フリーメイソンメンバー検索サイト

“秘密結社”などとも呼ばれ、起源も全貌も謎が多い「フリーメイソン」。その会員名簿200万人分(1733~1923年)を、英家系調査ウェブサイトがデジタル化しネット上で公開。イギリスの権力者が名を連ねていると話題だ。

このサイトに登録すれば、過去のフリーメイソン会員情報(主に英国の)を検索できる。公開された名簿には、一般庶民から、政治家、王族貴族まで幅広いようだ。

 

アンセストリー(Ancestry)https://search.ancestry.co.uk/search/group/freemason_registers

 

あの有名人も英国フリーメイソンメンバーだった。

オスカー・ワイルド(作家)

 

ラドヤード・キプリング(小説家・詩人)

 

ウィンストン・チャーチル(政治家)

「ヒトラーから世界を救った男」として映画化もされたチャーチルは、1901年5月(26歳)にフリーメイソンに入会したと記録されている。

 

タイタニック号の沈没陰謀説

また、あのタイタニック号の関係者が、この名簿に数多く名を連ねていることから、タイタニック号とフリーメイソンの陰謀説を無理やり結びつけて報道しているメディアまであるようだ。

・他の船から発信された氷山警告を無視し続けていたこと。

・そんな状況で、船のスピードを最速に保ち続けるという危険極まりない行動に出ていたこと

・船内にあった双眼鏡がすべて消えていたこと

などなど確かに不可解な点も多いが、決め手となるような証拠は出てきていない。

 

ちなみに、タイタニック号の実質オーナーを持っていたのは、アメリカ屈指の金融財閥JPモルガン。

当時、モルガン氏もタイタニック号の記念すべき初航海には乗船する予定になっていたのだが、なぜか急遽キャンセル。さらに、モルガン氏の親しい関係にあった55名が直前になって一斉キャンセルしている。

 

実は、沈没したのはタイタニック号ではなかった「タイタニック号すり替え陰謀説」もあるのだが、長くなりそうなので興味のある読者がいればまた報告していこうと思う。

 

▼感想や質問をカキカキ〜φ(´・ω・`)
この記事を書いている人 - WRITER -


日本から失われた雅やかな美的感性が、脳ではなく身体感覚=肚文化と深い繋がりにある事を学び、「ボディフィギュア理論」「下腹重心論」等の身体科学研究者Master.Kのもとへ師事。また研究所の広報、編集も担う。

◉ ボディフィギュアタイプ
「いかり春日」の隠れ「ポッキー」型



ID @sekirintaro

Copyright© RSELeaks , 2015 All Rights Reserved.