2017/10/01

【都市伝説】『新世紀エヴァンゲリオン』と『フリーメイソン』の関係

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
湘南でがんばってます。

20年以上も、衰えることない人気を誇る

アニメ『エヴァンゲリオン』が

 

秘密結社『フリーメイソン』と関係があるとか、ないとか・・・。

 

テレビ番組『やりすぎコージー』で

都市伝説として紹介されたことから

ファンの間でも賛否両論巻き起こっているようだ。

 

おい、フリーメイソンって何じゃらほい

まぁ。

この都市伝説がウソかホントかって話の前に

 

『そもそも、フリーメイソンって誰やねん?!』

 

って人の方が多いんじゃないかな?

 

『世界を牛耳る秘密結社だ!!』

 

なんて、よくウワサされるけど

その真相は謎に包まれている。(世間的には。)

 

カンタンに説明すると

17世紀頃に結成された、友愛団体。

会員数は世界中に数百万人いるとも言われているよ。

 

実際の活動内容は

地味なボランティア活動だったり

河原で仲良くバーベキューしたり。

(意外と普通なのね。笑)

 

まーでも、それは下層ランクの会員の話であり

上層部に絡んでいるメンバーの中には

よく都市伝説で取り上げられるような『陰謀』と

全く関係がないとは言い切れない部分もあるかもしれない。

 

ただ、このフリーメイソンという組織そのものが

悪だとか、支配者だとか決めつけるのはちょっとナンセンスだと思うけどね。

 

そのへん、もっと詳しく知りたいって人はこちら。

□関連記事:『フリーメイソンとは何者なのか?』

 

そんなウワサの絶えない、曰く付きの団体『フリーメイソン』と

大人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に

いったい、どんな関係があるのか、見てみよう!

 

主人公『碇シンジ』の名前に隠された秘密(都市伝説)

 

これは、フリーメイソンのシンボルマークでおなじみの『コンパスと定規』

なんで、こんなマークを使っているのかというと

フリーメイソンの起源は石工職人の団体・・・

つまり、彼らの商売道具がモチーフになっているのだ。

 

そして真ん中の『G』は

ジオメトリー(geometry)=幾何学を意味しており

また、キリスト教である彼らにとって絶対である

GOD=神ともかけられているんだ。

 

おっと、ここまでくると

頭のいい読者の皆さんは気付いたかもしれないね。

 

そう、主人公である碇シンジの『名前』に注目して欲しい・・・

 

・シンジのお母さんの名前が『碇ユイ』

・お父さんの名前が『六分儀ゲンドウ』

 

『碇(いかり)』の名は、お母さんから受け継がれたものであり

船を固定させるための錨が由来となってるみたいなんだ。

多分、シンジにはエヴァを繋ぎ止める役割があるという意味合いが込められていたんだろう。

 

・・・じゃ、『錨』の方の文字でよかったんじゃ?

 

あえて、この“碇”って文字にした理由を考えてみると

この文字は『石』と『定』の2つに分けると見えてくるんだ・・・

 

 

・・・そう!『石工の定規』

 

 

そして、お父さんの苗字“六分儀”というのは『コンパス』のこと。

 

そして、この定規とコンパスが重なって生まれたのが・・・

 

“シンジ”=『神の児(イエス・キリスト)』

つまり、GOD CHILD(ゴッド・チャイルド)!

 

また、コンパスと定規には『剣と聖杯』という意味もあり

・剣(∧)=『男性器』

・聖杯(∨)=『女性器(子宮)』

をあらわしている。

奇しくも、この定規(女)とコンパス(男)を重ねたところに

浮かび上がってしまったのが『G』の文字というわけだ・・・。

 

ここまでくると、ただの偶然では片付けにくくなってくるよね。^^;

 

あの有名なピラミッドのマークも

 

フリーメイソンは

コンパスと定規以外にも、よく取りだたされるマークがあるのを知ってる?

・・・そう、一ドル札にも刻まれている『ピラミッドと目』のマーク!!

□関連記事:『プロビデンスの目が左目で、ラーの目が右目である意味を紐解け!』

ゼーレの中で最上級のNERV(ネルフ)の基地はピラミッドだったよね。

 

ちなみに、彼らネルフのロゴマークを見てほ強い・・・

 

これは、聖書でアダムとイヴが

大事なところを隠していた『イチジクの葉』がモデルになってるんだ。

 

そういえばオープニングでは、ユダヤの教えとしても有名な

カバラの象徴『生命の樹(セフィロトの樹)』も出てくる。

 

また、エヴァに出てくる使徒の数は18=『6+6+6』

都市伝説で同じみ、いわく付きのあの数字だね。

 

そして、陰謀論でよく言われるロスチャイルドの『世界革命行動計画』は

ゼーレの目的である『人類補完計画』とも重なるといえるだろう。

 

人類補完委員会は12人のゼーレ幹部が集まっていたが

世界革命行動計画も、ロスチャイルドが12人の有力者を集めてはじめたもの。

 

体から分離した魂を一つに同一化していくという教義についても

戦争経済の『上下対立同一化』の流れと同じ・・・

 

独裁者ヒトラーを作り上げた伝説の槍

十字架に架けられた第一使徒アダムが刺されたあの槍を覚えてるかな?

この槍のモデルは

十字架にはりつけにされたイエス・キリストの死を確認するために

イエスの死体に刺されたとされる、有名な『ロンギヌスの槍』だ。

 

そして、このロンギヌスの槍にはある言い伝えがあった。

『この槍を持つ者は、世界を制する力を持つ。』

 

・・・マンガかッ!w

 

でも実際に、この伝説の槍のパワーを信じて

世界中で争奪戦が繰り広げられたんだよ。

なんだか、ドラゴンボールみたいだね。

 

元々は、オーストリアの財閥ハプスブルク家が持っていたんだけど

20世紀に入ってから、あの独裁者ヒトラーの手に渡ることになる。

その2年後に第二次世界大戦が勃発したんだぜ。

 

ヒトラーは『ロンギヌスの槍』を手に入れたことで

ナチスドイツの勝利を確信していたのかな?

 

しかし、1945年4月30日

ヒトラーは自殺をはかってしまう。

なぜなら、アメリカ軍に『ロンギヌスの槍』が盗まれてしまったことを知ったからだ。

それくらい、この槍のパワーを信じていたんだね。

 

その後、この伝説の槍がどこにいったのか諸説あるが

定かになってはいない・・・。

 

ちなみに、ヒトラーの奥さんの名は

『エヴァ・ブラウン』だった。

 

エヴァファンからはブーイングの嵐が

いくら信憑性がありそうだとは言っても、真偽は定かじゃない・・・

あくまでも都市伝説なので^^;

 

純粋に作品が好きなコアなファンからすれば

『テキトーな話してんじゃねー!』

って気持ちになるのもわかるよね。

 

ファンたちの言い分にも耳を傾けてみると・・・

  1. 『シンジ』の名前の由来は、庵野監督が親しくしている『樋口しんじ』さんからきているという話が常識や!
  2. 『碇』についての都市伝説も、初めは海に関係する『錨』のつもりだっただろうけど。苗字としては『碇』が一般的だから、そっちを使っただけだぜ!(錨という苗字も存在はするが、日本全国に100人程度しかいない。)
  3. フリーメイソンのコンパスは円を描く方のコンパスだけど『六分儀』は航海に用いる羅針盤のことだから別だろ!

『俺たちのエヴァと怪しい組織を無理矢理こじつけんじゃねぇ〜!!』

と、都市伝説否定派の意見もそれなりに理屈があるようだ。

 

エヴァンゲリオンのキャラクターの名前に隠れた秘密

都市伝説の真偽についてはさておき

エヴァのキャラクターの名前には

やたらと『海にまつわるコトバ』が入ってるなーと思ったことないかな?

 

これについては、はっきり分かってることなんだけど。

何を隠そう、監督の庵野秀明さんは

大の戦艦オタク!w

だから、船や軍艦が元になっている名前が多いんだね。

 

しかも、テキトーに付けているわけではなく

【由来となった軍艦がたどった運命】と【そのキャラクターの運命】

また、他のキャラクターとの関係性までもがリンクしてくるんだ!

 

ね?そうやって見てみると

また深い考察が湧いてくる気がするっしょ?^^

 

では、各キャラクターの名前の秘密に迫ってみよう!

 

綾波レイ

大日本帝国海軍軍艦『綾波』から。

この軍艦は量産駆逐艦を代表するものであり

この役割や運命は、綾波レイの名ゼリフ、

『私が死んでも変わりはいるもの。』

というコトバともリンクする設定だよね。

 

ちなみに、綾波という軍艦は3隻存在するんだけど

エヴァンゲリオンで登場する綾波さんも3人だった。

 

ちなみに『レイ』に関しては

美少女戦士セーラームーンのセーラーマーズこと火野レイかららしいよ!w

 

惣流・アスカ・ラングレー(式波・アスカ・ラングレー)

日本海軍第二航空戦隊『蒼龍(=惣流)』から

この蒼龍の運命がアスカの人間関係や立ち位置から当てはまるということで使われていましたが

アスカの自己犠牲的な宿命から

『蒼龍(惣流)』よりも

帝国海軍から海上自衛隊まで活躍していた

帝国海軍 吹雪型駆逐艦『敷波(式波)』のほうが近いんじゃねーか

ということで変更されたんじゃないかと。

 

そして、ラングレーは

アメリカ軍の航空母艦『ラングレー』からでしょう。

 

また、アスカというのは

母親のキョウコ(今日)、アスカ(明日)というコトバ遊び♪

 

渚カヲル

碇と同じく『渚』という文字は

『氵(さんずい)』をカタカナの『シ』に見立て、2つに分けると

『シ者』=使者(使徒)となる。

 

また『カヲル』の文字は、それぞれアイウエオ順の並びで一文字づつずらすと『オワリ』になる。

つまり、2つを合わせると『最後の使徒』であり

『最後のシ者(死者)』という意味も込められているんだ。

 

その他のキャラクター

  • 惣流・キョウコ・ツェッペリン:ドイツ海軍航空母艦『グラーフ・ツェッペリン』から(惣流とキョウコについてはアスカと同じ。)
  • 葛城ミサト:大日本帝国海軍雲龍型航空母艦三番艦『葛城』から。ちなみに、『ミサト』は、マンガ『あいつ』の泉みさとからきているそうな。
  • 赤木リツコ:日本海軍航空母艦『赤城』から。そして、『リツコ』は、庵野監督の中学時代の親友から。
  • 真希波・マリ・イラストリアス:旧日本海軍の駆逐艦『巻波』から。イラストリアスは、英国海軍艦艇の名前から。
  • 加持リョウジ:船の『おもかじいっぱ〜い!』の舵から。
  • 冬月コウゾウ:帝国海軍秋月級駆逐艦八番艦『冬月』から。
  • 青葉シゲル:日本海軍重巡洋艦から。
  • 日向マコト:日本海軍戦艦『日向』から。
  • キール・ローレンツ:キールは、『竜骨』という船のパーツから。ローレンツは、動物学者コンラート・ローレンツかららしい。
  • 伊吹マヤ:マヤは、日本海軍重巡洋艦『摩耶』から。伊吹は、日本海軍航空母艦の『伊吹』から。

 

どうやら男は、重巡洋艦、駆逐艦みたいな攻撃的な戦艦が由来になってる場合が多いね。

 

とまぁ、けっきょく都市伝説の真相は作者にしか分からないところだけど

この作品の細かい設定には

いろんなメッセージが込められているのは間違いなさそうだね。

 

 

→【完全保存版】陰謀論まとめ『メニュー』へ戻る

この記事を書いている人 - WRITER -
湘南でがんばってます。




Copyright© 〈RSELeaks〉宇宙海賊情報局 , 2015 All Rights Reserved.