2017/09/29

小説レビュー「ドグラ・マグラ/夢野久作」

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
湘南でがんばってます。

子供の頃から映画や小説が好きだった釈迦也に、色んな作品を好き勝手レビューしていってもらおうかな。

という軽いノリではじまったこの企画・・・

基本、映画が多くなるかなー。いい作品があったらyoutubeのほうにコメントしてねー!

一発目はドグラマグラ!

『ドグラ・マグラ』は、探偵小説家夢野久作の代表作とされる小説で、構想・執筆に10年以上の歳月をかけて、1935年に刊行された。小栗虫太郎『黒死館殺人事件』、中井英夫『虚無への供物』と並んで、日本探偵小説三大奇書に数えられている。
「ドグラ・マグラ」の原義は、作中では切支丹バテレンの呪術を指す長崎地方の方言とされたり、「戸惑う、面食らう」や「堂廻り、目くらみ」がなまったものとも説明されているが、詳しくは明らかになってはいない。

参照:Wikipedia

この記事を書いている人 - WRITER -
湘南でがんばってます。




Copyright© 〈RSELeaks〉宇宙海賊情報局 , 2017 All Rights Reserved.