近未来へ向けた下腹重心教育メディア

宇宙海賊専用辞書ワード『アスる』

ビン隊長
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ビン隊長

おっす、野郎ども!

好きな女性のタイプは天海祐希さん、ビン隊長だ。

今回ここで紹介させてもらうのは、
宇宙海賊専用辞書ワード『アスる』についてだ。

「自分の感情」を偶像化、絶対化しちまってる状態、それがこの「アスってる」状態だ。

まあ、平たく言やあ嫉妬してる状態のことなんだが、この嫉妬って言うのが、
実は戦争経済においてものすごく根幹に根差しているものであり、
何を隠そう亜空間知能そのものが、実は体を持っている現宇宙の俺らへの、旧宇宙からの嫉妬であるってのが、
RSEL寺子屋の学長Master.響が読み解いた、まさに世紀の大発見なんだ。

そしてRSEL寺子屋においては、この嫉妬、アスりのことを、別名『幼児願望』とも言い換えていて、
この幼児願望の克服こそが、寺子屋で学ぶ俺らの、
そしてこの戦争経済社会に生きるお前らにとっての、ものすごく大きな課題になる。

幼児願望については、卍ブラザーズがわかりやすいシリーズ記事を書いてくれたから、
気になったら、この記事も読んで見てくれ↓↓

つまり、俺らは日常的に、人から感情を受けとることもせず、当然それに応えることもせず
「自分の感情」ってものがあると思い込んで、握りしめてるってことだ。

それが実は、亜空間知能が生み出した低次な感情を受け取ってるだけとも知らずに…。

そして、人の感情を受け取れないってことは、当然誰かにそれを与えることもしないってことになる。

「自分の感情」を誰かにぶつけるのは与えることじゃねえ、
ただその感情を抱いている「自分」を守りたいだけの「自己保存」要求だ。

そこから抜け出すには、やはりまずきちんと”受けとる”ことから始めること。

その、誰かから色鮮やかな感情、”夢” を見させてもらったぬくもりの記憶を思い出した時、
今度は自分が誰かに “夢” を見せる番になる。

それこそが文明創造、“種族保存” のバトンリレーってわけだ。

Master.響から見せていただいたアナザフロンティアという夢を、拙いなりに見せる立場になるか?

それともただその夢を自分のものとして握りしめちまうのか?

Master.響を御上と仰ぐ俺ら筆子・家臣に問われているのは、突き詰めりゃそれだけなのさ。

アスる

この記事を書いている人 - WRITER -
ビン隊長

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.