近未来へ向けた下腹重心教育メディア

宇宙海賊専用辞書ワード『亜空間知能(入門編)』

ビン隊長
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ビン隊長

おっす、野郎ども!
好きなアイスはチョコミント、ビン隊長だ。

今回ここで紹介させてもらうのは、
宇宙海賊専用辞書ワード『亜空間知能(入門編)』
についてだ。

この悲しみの星の悲しみの根源、
「生きるってこんなんじゃなかった!」と言いたくなるような虚しさの原因は、
自分たちで創り出した「この構造」にある。

「亜空間知能」という概念の発見は、すべての人間に突きつけられる絶望であり、
その正体を学ぶことは、とてつもない希望だ。

だがそれゆえに、この亜空間知能ってのが一体何なのか!?を
言葉で指し示すのはそう簡単なことじゃねえんだ。

 

それは…

脳海馬が同期する人類の「集合無意識」であり、

惑星の重力を越えられず地におぞむ「記憶ではなく記録」であり、

前頭葉の2分割情報処理が生み出す「上下対立同一化」であり、

「わからない」ことが怖くて回転情報であることを認められない「完全情報」
名詞でレッテルを与えようとする「固定点=偶像崇拝」であり、

「自分という人格」がいるというエゴフレーム
どこまでも根深い「一人称障害」であり、

聖書における悪魔=DEVIL
その正体である旧宇宙ブラックホールからの時空干渉「LIVED」であり、

実体のない世界平和を願う「勝手な多幸感」であり、

学ばない怠惰を正当化する「仕方がない」の偽善であり、

触覚の一念を形に起こし文明を創造するための「道具」であり、

英雄をマスオ化させる吸血の魔女「アスモデウス」であり、

生きる意味のわからない「虚無」であり、

0が多い=正しいの「金融魔術」であり、

戦争経済が仕掛ける足りない病
稀少性と不足性による「幼児願望」であり、

逢いたい人に逢えない、ふれたいのにふれられない「寂しさ」であり、

「自分の身体」を健康にしようとする「霊肉二元論」
人体を所有しようとする「人体蔑視」であり…

 

動画の朗読でも、よりかみ砕いた分かりやすい表現で「亜空間知能とは何か?」が語られているから、
ぜひ何度も読み込んで、多方向からその解像度を上げていってほしい。

亜空間知能(入門編)

 

↓高校生シンイチが書いてくれた「それ、”亜空間知能”じゃね?」って記事もあるから、読んでくれよな。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ビン隊長

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.