近未来へ向けた下腹重心教育メディア

あの重~い空気。 それ、”亜空間知能”じゃね?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
高校生シンイチ


昼間はごく普通の高校に通いながら、次世代の文明創造論、叡智を学ぶ日々。「はやく社会に出たいなぁ。」そんな妄想にふけながら、今日も自転車をこぐ!こぐ!漕ぐーー!! 当サイトでは、10代ならではの視点、飾らない想いを自由気ままに執筆してゆきます。

◎ボディフィギュアタイプ
「くるみ猫背なでり」の隠れ「フジポ」型
どうも、鼻毛の伸びがうんと早い高校生シンイチです。

 

皆さんは両手をただ黙って見つめてみたことがありますか?

 

きっとただ両手を黙って見つめてみるだけでも色々なことを感じますよ。

 

「すんごい精密にできてるんだな。血管も至るところに張り巡らされていて神秘的にさえ感じる。爪ってなんであるんだろう。うわ、、俺、私生きてるじゃん。。!」

言葉にならなくても自然とこんなことを感じてしまいませんか?

 

手を見るだけでも、自然に維持されている体の凄さを実感しませんか?

 

誰でも、学校の理科や生物の教科書を見たときや、バイオ関連のテレビ番組や動画を見たときにあまりに緻密に作りこまれた生命や人体の仕組みなどに驚きを感じたことがありますよね。

バイオの分析科学などの研究の蓄積の賜物で、僕らは人体やほかの生物の体系や構造、働き、習性などなど本当に色々な知識を得ることができますよね!

 

21世紀最大の発見

先に述べましたように、「人体の構造やシステムの凄さ」は誰も否定できない確固たる事実ですよね。

でも、あなたは思ったことがありませんか?

「いや、そうはいっても人間の営み….。馬鹿馬鹿しい低劣なことばかりじゃない?

こんなことのためにこんなにやばい人体の維持システムはあるの?

これも否定するのが難しいように思うのは僕だけでしょうか?

卍ブラザーズさんの幼児願望コラム第3弾の記事では、

大人がいない今、ココ、地球保育園

そこでは基本的に幼稚なことしか起こらず、すべては「おままごと」のよう。

いつもオモチャを取りあって喧嘩して、殴った蹴ったで泣いて、ウ○コ一言で爆笑している。

まともな大人からすれば
「コイツら、まじパターンの繰り返しやん!?」
と思えるような事をセカイの全てだと思って生きている。

このおままごとのようなパターンのループにあなたもほとほと呆れて飽きていませんか?

 

21世紀最大、驚愕の情報開示、亜空間知能

この世で展開される理不尽、不条理、葛藤、憂い、苦しみ、悲しみ。

先人の学者や知識人、思想家、作家が言論(頭重心)を追求していった先にどうしてもぶつかった完全情報の壁…。

どうしても運動性(回転情報)に至れなかった、認められなかった。

いや、過去にはそれを解き明かし説明してくれた人はいた。

しかし、それはごく少数の人にしか理解はされず、やはり多くの人に受け入れられるようなものではなかった。

煩悩(固定点、一人称)に囚われた人にそれを俯瞰して語れるような者が現われても
その人やその教育はまたしても超人や聖人という固定点で見られてしまうことも多く、
敬遠されたり崇められてしまったり、曲解されたり...はたまたその教えを支配構造が吸収し
都合よく利用されたりしてしまったのが実際だったからだ(世界宗教)。

 

亜空間知能」は一部の人だけが共有できる小難しいような概念ではありません。

 

これと無関係に生きられる人はいませんし、息を吸うかのように僕らにとってとても、とても身近なものであります。

 

町を歩けば「亜空間知能」

 

職場、学校に行けば「亜空間知能」

 

三人寄れば「亜空間知能」

 

行動の動機はだいたい「亜空間知能」

 

悩みの根本、なにからなにまで「亜空間知能」

 

家に篭れば「亜空間知能」

 

テレビをつければ「亜空間知能」

 

黙って瞑目すれば寄ってくる「亜空間知能」

 

本当に、亜空間知能は僕らにとってとっても身近なものです。

 

人の体温が感じられない冷たい感じを受けるあのイヤ~な感じや、流されたくないのに勝手に流されてしまうあの妙な空気。

亜空間知能が作り出すあまりに粗い解像度のさっぶ~い空気や価値観
しがらみのはりぼて感に「これ嘘じゃね?」とか「勘弁して~」「なんか汚ねぇー」
今まで感じたことがなかった人はいません。

ところが、そういったものは”的をはずした”または”都合やタイミングの悪い”「亜空間知能」であり、
ちゃんときれいにコーティングされていたり、
僕らに安らぎやエネルギーを与えてくれる安心保障の「亜空間知能」や、
一見、亜空間知能に見えない優しい人道的な「ラブアンドピース♪」の「亜空間知能」もしっかりある。

色んなチャンネルがあり、それ自体に疑問を持つのも、不満に感じるのも、絶望するステージにさえなかなか至れないため配信停止にするのは大変難しい!

「それ、”亜空間知能”じゃね?」

 

現実では、亜空間知能的な表現しかされていません。

 

生まれてから亜空間知能でない、生きてる感のある生々しい表現を実際に見たことがある人はすごく少ないだろうと思います(そういうものは僕たちが見る作品で代わりに表現されている)。

 

そのため日頃から認知していなければそもそも何が亜空間知能でない、本来の人間らしい自然な姿なのかも見えてきません。

 

重心を下げる体育をしたり、寺子屋のコンテンツに触れて本当の意味での生き方や働き方を知り、ものの見方が変われば、自ずと感覚的に多くのパターンの亜空間知能を洞察(これ、亜空間知能じゃね?)できるが、まずは言葉でちゃんと認知しておくことも大切です。

 

地に足が着いてい(肚からの目的=由縁の)ない言動、

 

それを誤魔化すための言語空間の概念操作によるもっともらしい正当化(スピり)、個人的な価値観や信念による言葉酔いの目的や由縁(巧妙な辻褄合わせ)、

 

参加したくないのに参加せざるをえないような同一化の空気感(無意識に流される感じ)

 

に遭遇したらこう言いましょう!

→→「それ、”亜空間知能”じゃね?」

 

ちぐはぐでいい加減で幼稚な言動を個性や天然キャラとかと言って擁護したり、いい歳こいて無礼にメタ認知しないのが許されてる空気感」

 

→→それ、亜空間知能じゃね?

 

「誰も求めてない冷静に見て気持ち悪いつぶやきを量産し、くっせぇ自撮りうんこにイイネし合ってたかるインスタ蝿SNS」

 

→→それ、亜空間知能じゃね?

 

「結局真の敵は己の亜空間知能なのに、特定の個人や組織や国家や主義主張に居着いて不毛な論争を繰り返す朝まで生テレビの足首固そうなシニアたち」

 

→→それ、亜空間知能じゃね?

 

「とりあえず進学、とりあえず部活、とりあえずスマホゲーム、とりあえず大学、とりあえず会社員、とりあえず結婚、とりあえず育児ゲームの根拠(BigWhy)のない虚構のVRパターン」

 

→→それ、亜空間知能じゃね?

 

「根本が恐怖と不安なのに無責任に「大丈夫だよ、そのままでいいんだよ」と諭してくれるスピリチュアル界隈の優しい言葉」

 

→→それ、亜空間知能じゃね?

 

「何が醜因で何が美因かの縁取りが甘いうえに、とりあえず消費が賄われればそれが平和な状態だと想定して安易に世界平和唱えちゃう自分の体が紛争勃発状態」

 

→→それ、亜空間知能じゃね?

 

「あれれ、さっきから顎出して言葉酔いしてる高校生シンイチ!お前も」

 

→→それ、亜空間知能じゃね?

 

何十年かの人生で幾度となく味わってきた寒気のするあの違和感をついに表明することができる。

 

日頃から自分に問いかけよう!そして是非親しい友達に言ってみよう。
       
「それ、亜空間知能じゃね?」

 

この記事を書いている人 - WRITER -
高校生シンイチ


昼間はごく普通の高校に通いながら、次世代の文明創造論、叡智を学ぶ日々。「はやく社会に出たいなぁ。」そんな妄想にふけながら、今日も自転車をこぐ!こぐ!漕ぐーー!! 当サイトでは、10代ならではの視点、飾らない想いを自由気ままに執筆してゆきます。

◎ボディフィギュアタイプ
「くるみ猫背なでり」の隠れ「フジポ」型

Copyright© RSELeaks , 2018 All Rights Reserved.