1. TOP
  2. 【三日坊主の方】モチベーションの上手な上げ方『7カ条』

【三日坊主の方】モチベーションの上手な上げ方『7カ条』

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-04-06-17-22-01

はぁ。メジャーリーガー目指して、毎日素振り1000本って決めたはいいけど・・・正直めんどくさ!

あ〜マサル君、また三日坊主なんだから〜。

うるせーな!お前だって、ダイエット全然できてねーじゃねぇかよ。

う、うるさぁーい!
フォッフォッ♪ケンカするでない。2人とも、モチベーションの正体を、よく知らんようじゃな。
モチベーションの正体!?

 

 

究極のモチベーションは脳から生まれず。

 

ビジネス、禁煙、肉体改造・・・

 

実は誰もが、大なり小なり《モチベーションの低さ》に悩んでいるんだ。

もし、モチベーションを常に高く維持することができたなら

あらゆる場面で、望むような結果を得られるはずだと。

 

けど、ほとんどの人は怠惰欲を抑えられずに

目の前の欲求や、気楽な現状維持の予定調和に負け続けるんだよね。

 

実は、これってアナタの

“モチベーションの低さ”

に問題があるんじゃなくて

 

“モチベーションというものに対する間違った思い込み”

が原因だったりするんだ。

 

✔︎私たちは、なぜ目の前の誘惑に負けてしまうのか

✔︎どうしたら、その誘惑に打ち勝つことができるのか

✔︎モチベーションを鍛える生理学的な実践方法

✔︎どうしたら、先延ばしグセを克服できるか

✔︎モチベーションの落ちやすい人、落ちない人の違いとは何か

 

誰もが知りたいモチベーションの上げ方

そして、それをコントロールするために大切な7つの考え方をまとめたよ。

 

【この記事を読んでもらいたい方】

  1. やめられない悪い習慣を、ズルズルと続けていいる方
  2. 人生が向上する良い習慣にトライするも、いつも3日坊主な方

 

そもそもモチベーションってなーに?

 

モチベーションって、見たことある人いる?

いないよねw

 

得てして、こうした実態のないモノというのは

勝手な解釈やイメージが重なり膨らんでいきやすいんだ。

 

あらゆる自己啓発コンテンツでは

この《モチベーション》ってやつを

どう上げるか

または下げないか

 

あの手この手を尽くし

テクニックとして体系化しているんだけど。

 

所詮は、一時的な自己催眠の域を脱しておらず

万人に対して通用する『モチベーションの上げ方』を見たことがないんだよね。

 

コンサル費用が億を越えるような

海外のカリスマコーチ達のセミナーでは

 

最先端の映像技術・音響・構成はコンマ何秒という世界まで考え尽くし

徹底的に空間支配された中でいざなわれる変性意識のなかで

参加者に共有の情報空間(集合無意識)でポジティブな暗示を刷り込ませる。

 

しかし、大多数の参加者のモチベーションは

翌日の朝にはすっかり元どおりになっていて

一週間も経てば、以前と何ら変わらぬ

日常の空気にまた溶け込んでいってしまうんだ。

 

当たり前だよね。

基本的に催眠による暗示に持続性は望めない。

 

そろそろ、気付くべきなんだよ。

《Brain・Motivation(ブレインモチベーション)》の限界をね。

 

あんなに成功哲学書を読んだのに

セミナーや勉強会にも行ったはずなのに

結果として、根本的な変革に至っていないのは

 

世に出回っている成功哲学、マインドセット系コンテンツの99.99%は

Brain(脳)の領域であがいているに過ぎないからなんだ。

 

もちろん、脳科学的なアプローチに効果がないわけではないんだけどね。

 

真のモチベーションというものは

真の記憶から“湧き出る”ものだということを知ってほしいんだ。

 

それはキミのカラダの持つ

触覚(Tact)によってのみ導き出されるものだということ。

そこにはもはや、意識をコントロールしようという気力さえ必要ないよ。

 

花はなぜ咲くと思う?

 

鳥はなぜ飛ぶんだろう?

 

川はなぜ流れ続けるのかな?

 

鳥が飛ぶためにモチベーションを上げたりしないように。

ナチュラルな状態で、淡々とやるべき事をこなしていくために必要な心構え『7カ条』を紹介していくよ。

 

①まずは自分の負けパターンを自己解析する。

モチベーションを強化する第一歩は

 

あなたが【いつ】【どこで】【誰と】【どうして】

 

怠惰な自分に負けているのか。

過去を振り返り、しっかり解析すること。

 

自分の負けパターンを誤魔化さず、ちゃんと当事者意識を持ち知ることで

『隠れた問題点』を発見し、課題や仮説をたて

その克服方法を検証したり、修正していけるんだ。

 

だから、ダメな自分から目を背けないこと。

 

「二の舞を演じる(にのまいを えんじる)」

「同じ轍を踏む(おなじてつをふむ」

 

という言葉があるように

同じパターンの失敗を繰り返すことがダサいだけ。

 

その自覚が、最初のスタートラインになるからね。

 

②継続することが普通になってしまう、Social Proofを活用する。

モチベーションを高く維持するために必要な3つのパラメータがあるんだ。

これをバランスよく高めていくことが大事なんだよ。

 

その1つが、継続力。

いきなりハードな課題にトライして挫折してしまうくらいなら

“小さな事でもいいからまずは長く続けること”

 

でも、この継続ってやつが皆できないわけでしょw

そこで、継続することが普通になってしまう、Social Proofを活用するんだ。

 

僕らの脳は『常に周囲と同じでいたい』と思うプログラムがある。

つまり、賛同者が多くなると

中身がどうであれ、自分もそうすることが当たり前だ!

と無意識に流されていく機能がSocial Proof(ソーシャル・プルーフ)

これを逆手に取るってことね。

 

そのために、まずは同じ志や目標を持っているキャストを探し出し

囲まれる環境を意図的に作り上げること

 

あなたが出来るようになりたいと思っている事が

《普通=当たり前》になっている時空共同創造態に巡り会うことに

まずはフォーカスすべきなんだ。

個人のスキルアップや、知識を蓄えることよりもね。

 

③『切断力』

2つ目のパラメータとして、

周りのキャストや、外部環境を意図的に作り上げるために必要な力

 

『切断力(捨てる力)』を鍛える必要がある。

 

結果を出すために

何かが“足りない”のではなく

何かが“余計”なんだということを改めて認識してほしいんだよね。

 

ただなんとなーく居心地がいいとか

一緒にいてラクなキャストとばかり過ごしている人は黄色信号だよ。

もう一度、よく考えて欲しいんだ。

 

周りにいるその人たちは、あなたと志を共にできるほどの関係性になりえるのかを。

 

時空共同創造態(運命共同体)キャストかどうかを見抜くために柱となる3要素は

 

《肌触り》《志》《生き様》

 

この、どれが欠けてもだめなんだ。

そして、3つが重なるほどのキャストに巡り会うなんて

そう簡単にあることじゃない。

 

だから、ただ《肌触り》だけが合う友達とダラダラ一緒に過ごしてしまいがちなんだよね。

ラクだからさ。

 

でも、そこには本当に望む時空、《キオク》は重なっていくだろうか。

ただ、反応を繰り返しただけの《記録》が蓄積されるにすぎないよね。

 

僕らは『明らかに、自分にとって有害なもの』であれば

切断(捨てる)しようと頑張るんだけど。

 

こういう、なまじ居心地がよかったり

実は、見えないところで足を引っ張っているものは

切断(捨てる)せずに、ズルズルと引きずられてしまうから。

 

すべてを排除しろとは言わないけど

もし、志が重ならないことを自覚したら

少しずつでも自制していくこと。

 

馴れ合いだけの人間関係に時間を使ってられるほど

人生は長くないんだもん。

 

限られた時間を、時空共同創造態キャストと出会い

信頼連携率を高めていくことにフォーカスすること。

 

そして、人間関係に限らず

自分を誘惑するモノ、場所、情報の入ってくる可能性を含む媒体を

とにかく徹底的に捨ててしまう力を身につける。

 

例えば、チョコレートをデスクの上に置いておくのと

見えない引き出しの中にしまっておくのでは

消費量は3倍以上も変わるというデータがあるんだけど。

それくらい、人間は五感を通して入ってくる情報には左右されてしまうんだ。

 

どうにも、切断が難しいものであれば

そこに近づかない、自らなるべく離れる工夫を考える。

こうして、目の前の《短期的報酬》から空間的距離を置くことで

志を叶えるという《長期的報酬》に意識が戻りやすくなるからね。

 

④『確認力』

この『継続力』と『切断力』を維持するために

大切な力が『確認力』なんだ。

 

・そもそも、そのゴールは“何のために” 必要なものなのか。

・自分は今の現状において何が不満で、何を望でいるのか。

 

なぜ、そこを目指していたのかという大前提すら

僕らはバカだから、徐々に薄まってしまう生き物なんだよね。

 

これを解決する術は、とにかく日々確認しかないんだ。

特に最初のうちは、“確認し過ぎ” なほど確認しまくること。

自らの志、やる理由、そして外部時空キャストたちとその生き様が重なっているかどうかを。

 

具体的な一つの確認方法として

自らの行動(アクション)を

2(フォーカス):6(キープ):2(リリース)に分けて

書き出して毎日見ると分かりやすいよ。

 

・リリースは切断し、手放すべきもの

・キープは、とりあえず現状維持。捨てるほどではないが、そこまで力を入れる必要もないもの

・フォーカスは、今もっとも注力すべきもの

 

これを、箇条書きにして目に入るところに貼っておく。

パソコンや携帯の待ち受けに設定してもいいかもしれない。

(手帳に書いても意外と開かないのが人間だから注意してねw)

 

強制的に目に飛び込んできてしまうところに置いて

必ず日々確認すると心に決めておくこと。

 

日々の忙しさから、時間に追われて

確認量が足らなすぎた僕らにとって

 

毎日30秒でもいいから、立ち止まって

ズレがないかどうか考える習慣というのは

驚くべき効果を発揮するよ。

 

⑤あえて、怠惰を受け入れる。

ここまで、しっかりと《継続力、確認力、切断力》という3つのパラメータを高めたうえで

あえて、怠惰な自分も受け入れてしまうほどの余裕も身につけてほしい。

 

完璧主義というのは、少し崩れたときに意外と脆いからね。

多少の余白(遊び心)をもつことも大事なんだ。

 

絶対にお菓子は食べちゃいけない!

と思えば思うほど、食べたくなる。

そんな経験は誰しもあると思う。

笑っちゃいけないところで、笑いが止まらなかったりとかねw

 

これは振り子の原理にも通じていて、必死に抵抗しようとする力は

かえって振り子のエネルギーとなり、揺さぶられてしまう構造になっているんだ。

 

この振り子のエネルギーを沈める唯一の方法は、NO(ゼロ)シリアス

つまり、変に抗わないこと。

 

『絶対にやっちゃダメ』なんて

必死に何かを我慢しようとするよりも

さっさと諦め、感じるままに感じようと腹をくくることなんだよ。

 

そして《思考の選択》をしないかわりに

《行動の選択》を意識して、自制し促し続ける。

 

たとえば、ケーキを食べたい気持ちを無理に消さなくていいから

デパ地下には行かず海に散歩に行くという

行動の選択を変えることによって

結果的に痩せたりするんだよね。

 

【例】

・スナック菓子をやめられない

→美味しそうでヘルシーな惣菜を買いにいく。

 

・休日三度寝して時間を無駄にしてしまう

→午前中から仕事や人に逢う約束をしてしまう。

 

こうして思考の抑制よりも、行動の選択を変えることを

今一度、意識してみてね。

 

特に、囲まれるキャストを変えてしまうことで

自然と行動の選択は変わってくるよ。

 

だからキャスティングが重要なんだよね。

 

⑥今の自分と将来の自分の縁起(ペア感)

幼いころ、いまの貴方の年齢はどんなイメージだった?

子供のころ、イメージしてた大人になってるかな?

 

小学生のころの『30歳』といえば、果てしなく大人な感じがしたけど

実際に30歳になってみると、意外と変わってなかったりする。

 

この、【未来の自分はきっと変貌している】という思い込みに気付き

あくまでも、今日の自分=未来の自分だと認識することだよ。

 

つまり、ただ【いまの自分】が何枚も重なっていくだけなんだ。

 

なのに、僕らはきっと3年後の自分は・・・

10年後の自分は、違う状況に転じているような気がしている。

 

今日の自分の行動が、明日の自分を創り、来月の自分を創り、来年の自分を創り、10年後の自分を創るんだ。

 

そう考えたら、根拠のない希望的観測に甘んじて『今日の自分』を怠けなくなるよね。

もう一度言うけど、今日の自分が、=未来の自分なんだよ。

 

⑦『死』を考える。

現代の教育において

タブーとされてしまった『死』について教えること。

 

それ故、ぼくら日本人は、死に対する臨場感がビックリするほど薄いんだ。

本来、死を考えることは全然ネガティブなことじゃないんだよ。

 

古代ギリシャ人は、人間のことを、こう呼んでいました。

 

『死すべき者たち』

 

これは、決してマイナスな表現ではないよ。

生きるとは死に向かって、後戻りできない道を突き進むことだからね。

 

つまり、人間の致死率は、100%。

これだけは、大統領だろうが、ホームレスだろうが、100%完全保証だという普遍の事実なんだ。

この事実(死)を意識して過ごす1日と、意識せずに過ごす1日では濃度が違うんだよ。

 

『死』とは確実にやってくること、大切なことなのに

お茶を濁して、真剣には考えないというのはおかしなことだと思わない?


もっと『死』と真正面から向き合うことによって

あの一瞬で散ってしまう桜のごとく『生』はその輝きを増すんだ。

生と死はコインのような表裏一体の存在ということだね。

 

この『死』に対する臨場感が低いから

『生』に対する臨場感もおのずと下がっていく。

 

まるで、永遠に生きるかのようにボケボケと

自分という『種』から才能、生き方を算出できない

眠ったように生きるクローン人間が続出してしまうのも無理はないんだよね。

 

戦後、死について教えることをタブーとした教育によって

ぼくらは腑抜けにさせられてしまったことを、もっと自覚しよう。

そして、あえてこんな平和な日本だからこそ

今一度、『死に様から算出した今日』を考えて、生きてみようよ。

モチベーションが下がる根本的原因は、死への臨場感が薄いことなのだからね。

 

Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズは

毎朝必ず、自らにこう語りかけていたんだって・・・

 

『今日が人生最後だとしたら、今日やることは本当にやりたいことかい?

”No”という答えが幾日も続いたら

私は何か変える必要があると知るのです。』

 

凛太朗はとってもいい加減な男で、クズなところもたくさんある人間だけど・・・

たとえ『余命一日』を宣告されても

昨日と変わらぬ仕事を、生き方をしている自信だけはあるんだぜ。

 

あなたの今日は

墓石に刻まれてもよい今日になりそうですか?

 

もし、明日死ぬとわかっていたら・・・

モチベーションがどうのこうのとか言ってられるのかな♪

 

きっと、カラダから湧き出てくるものに対して素直に

一日を、一瞬を重ねて、生きようとすると思うんだ。

 

これが、うわべのマインドコントロールテクニックに甘んじた

《Brain(脳)・Motivation(ブレイン・モチベーション)》ではなく

 

死に様から算出する、人体端末理論に基づいた触覚ベースの

《Tactil(触覚)・Motivation(タクティル・モチベーション)》の正体。

 

脳に無理やり植え付ける暗示ではなく、腹から湧き出てくるものなのさ。

 

ゆっくりと焦らずに、確認力、切断力を高めていきながら

ZEROシリアスで時空共同創造態キャストと共に算出していこう。

\ SNSでシェアしよう! /

RSELeaksの注目記事を受け取ろう

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-04-06-17-22-01

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

RSELeaksの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

関 凛太朗

2匹のネコと湘南に暮らす宇宙経済教師。
一人ひとりがカラダの資質と才能を生かした《コンテンツメイカー》として稼ぎ、人体の持つ時空同期を最大限高める《人体端末理論》を教えている。
メルマガでは、経済を中心にあらゆるニュースの“深い裏読み”を毒舌配信中!

このライターは、他にもこんな記事を書いておる。  記事一覧

  • r4qg6dh4qoa7_ty1480321368_1480321830

    『スーパームーン』と『スーパーベジータ』のちがい。

  • stokpic1

    バタフライエフェクト効果 ~小さなことを大きく捉えると人生は好転する~

  • nico

    エジソンを超える天才発明王『ニコラ・テスラ』~歴史から消されたマッドサイエンティストの正体~

  • j3u3olfhlvtnijj1474690795_1474696551

    英雄『ナポレオン』と独裁者『ヒトラー』129年の時を超えて結ばれた7つのシンクロニシティ

この記事を読んだ人は、他にも「こんな記事」も読んでるとか、読んでないとか。

  • v6CFtNi91N3zpMW1430001659_1430001925

    これぞ武士道精神!『義』の語源に隠されたサムライ生き様とは・・・

  • %e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891-300x200

    アファメーションは嘘?効果あんの?潜在意識の知られざる罠に迫ってみた。

  • k0tZN1eoZfrlTvF1459922479_1459922770

    絶滅したオオカミの復活が、森林に与えた驚くべき『6つの変化』〜黄金比Φに委ねて〜

  • girl-388652_1920

    セレクトショップBEAMS社長 設楽洋が教える『モノを選ぶ時の視点』とは?

  • SeYtdH05Tu4Xm6J1459932003_1459932801.

    二重の経済圏を使い分ける『デュアルマネーライフ』という生き方。

  • my3FuDfp1rX3oEW1429454283_1429454853

    【脱洗脳】『選択的自由』を与えられ『創造的自由』を奪われてるって知ってた?!