1. TOP
  2. ファティマ第3の予言!隠された真実の内容を探る

ファティマ第3の予言!隠された真実の内容を探る

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

ファティマ第3の予言(預言)とは

1917年5月

ポルトガル、サンタレン県のファティマという

人口1万人程度の小さな町に住んでいた

ヤシンタ、フランシスコ、ルチアという

当時まだ幼い3人の女の子たちの前に

キラキラと光り輝く謎の女性が現れて

『わたし聖母マリアだよ。』

と名乗ったという・・・

何ともまぁ、にわかに信じがたいようなお話である。

Duvn0bDRewdAY2p1459408578_1459408927

1917年5月13日(ファーストコンタクト)

羊飼いだったルチアたちが、いつものように羊を連れて歩いていると

突然、目を開けていられないくらいの眩しい光に包まれた。

そしてその光の中から、なんとも美しい女性が現れた。

 

やんした
お姉さん、どこから来たの〜?
輝く謎の女性
ふふふ、そうね。“天国”とでも言っておこうかしら。
るちあ
えぇ〜ほんまかいな。てか、キラキラ光りすぎだよ、お姉さん
輝く謎の女性
信じるかどうかはお任せするわ。そんなことよりも、あなた達にはこれからの地球にとってとても大事なお話をしに来たのよ。
ふらんしすこ
大事なお話?
輝く謎の女性
これから、世界が平和でいられるように。毎日祈ってほしいのよ。その為に、いろいろ話しておきたいことがあるから。これから毎月13日、今日と同じ時間に、ここに来るからね。また会いましょ♪

 

こう告げると、あっけに取られてる彼女たちの前からソソクサと去って(消えて?)いったという。

 

この約束は3人だけの秘密にするはずだったんだけど

一番ん年下のヤシンタちゃんはお母さんに詰めされてポロっと話してしまった。

 

でもまぁ、そんな話を誰が信じる訳もなく

『夢でも見ていたのかい、お嬢ちゃん?!』と

3人は町中の笑い者にされてしまった。

 

1917年6月13日(2度目のコンタクト)

 

るちあ
も〜、何で皆信じてくれないのよ!ホントにホントに見たんだからぁ〜!

あまりに3人が頑固に言い張るので

それなら確かめてみようと数十名の村人たちが、3人と一緒に約束の場所へとやって来たのだった。

しかし、大人達にはマリアの姿は見えなかった。

 

ただ、ルチアたちとマリアの対話が終わった時

大きな爆発音とともに

ヒイラギの木のそばから小さな雲が昇っていくのを

そこにいた全員が目の当たりにしたのだった。

 

1917年7月13日(3度目のコンタクト)

噂は一瞬で町中へと広がり

目撃者はなんと5千人にまで達していた。

 

この3度目のコンタクトで

『時期が来るまでは決して口外しちゃダメよ』という条件のもと

マリア様から人類へのメッセージが託された。

 

これが、現代でも語り継がれている

『ファティマの預言』というやつである。

 

その驚愕の内容は

バチカン当局から公式発表される事になるのだが

それは、この出来事から25年もたったあとのお話。

 

1917年8月13日(4度目のコンタクト)

噂は町から町へと広がっていき

前回の4倍近い人々が集まっていた。

 

しかし、あまりにも大騒ぎになってしまったことで

ルチアたち3人は、世間を惑わしたといういわれのない罪で

牢屋に入れられてしまっていたので来られなかった。

 

ルチアたち不在のなか

約束の場所では閃光がきらめき、雷鳴がとどろき

またもヒイラギの木のそばに小さな白雲が出現。

そして、空に上昇して消え去った。

 

1917年9月13日(5度目のコンタクト)

群衆の数は3万人にも膨れ上がっていた。

その中には、この奇跡の謎を暴いてやろうと

3人の司祭もやってきて、目を光らせていたりもした。

 

そして正午、それまで照りつけていた太陽が急に光を失いはじめ

その周囲はキラキラと光る黄金色に包まれ

空からは銀白に輝くたまご型の物体が現れ

ルチアたちがいるヒイラギの木のところまで来ると

またも白雲が出現して、その物体を包みながら消えた。

 

多勢の群衆が、この奇妙な光景に目を凝らしていると

空から白い綿状のものが降り注いだという。

人々は驚きながらも手を伸ばしてその白いものを掴んでみたり

帽子で受け取ってみたものの、それはすぐに溶けて消えてしまった。

 

1917年10月13日(ラストコンタクト)

6回目となる最終日には

10万人を超える老若男女が、ファティマに集まっていた。

もはや、東京ドームにも収まりきらないミーハー野郎たちのお祭り騒ぎともいえよう。

 

中にはヨーロッパの大手新聞社の記者や、有名な科学者の姿まで。

10万人が目撃したこの日の現象は

現代においても語り継がれている。

 

まばゆい閃光がきらめき

バラの花のような甘い香おりが漂ったのち

それまで降っていた大雨が急に止んだかと思うと

雨雲は二つに引き裂かれ

その間からは巨大な銀色に輝く太陽のようなものが出現!

 

その太陽もどきは光を放ちながらグルグルと回転し

群衆たちの頭上へと急降下してきた。

 

もう何のこっちゃの異常事態に

人々は大パニックになったが

すぐに太陽もどきは元の位置にまで上昇し戻っていった。

 

そして太陽もどきが消え去り、また本物の太陽が輝きを取り戻しはじめると

ようやく我に返った群衆たちは

改めてこの摩訶不思議な出来事に驚愕したのだった。

 

と言うのも、それまで雨に濡れていたはずの服

地面や木々の葉まで、一瞬にして完全に乾燥していたのだ。

 

ちなみに、浮遊する謎の物体に関しては直径千メートルにも及ぶ巨大さだったため

ファティマから40km離れた所でも

たくさんの人に目撃されていた。

 

こうして、多くの人が目の当たりにする事になったファティマの大奇跡は

もはやポルトガル国内に収まらず

ヨーロッパ中に一大センセーションを巻き起こる結果となったのだ。

 

当時、日本の新聞でも

『ヨーロッパにマリアが出現してとんでもねー事が起こったらしーぞ!』と

実際に報道している。

 

3つの預言内容

前途したように、第1&第2のメッセージについては

25年後の1942年にバチカン当局から公式発表されている。

 

第1の預言では、もうすぐ第1次世界大戦が終わること

そして、ロシアが災いの中心になることだった。

ルチアは、教会関係者に

“来年の終わりまでに争いが終わる”とマリアから告げられたと伝え

その言葉通り、1918年11月11日に終戦した。

 

ロシアが災いの中心になることは以降の歴史を見ても明らかで

預言の4ヶ月後にロシア革命が起こっている。

 

第2の預言では、第2次世界大戦の勃発が示唆されている。

『次のローマ法王の在位期間中に、もっとヤバイ戦争が起こるんだけど、その前に神からの警告のしるしとして、夜空に不思議な光が輝くだろう。」

そのローマ法王ピオ10世は、1939年2月10日まで在位して亡くなっているから

第2次世界大戦は正式には1939年9月に開戦とされているので

一見、予言は外れているようにも思えるが。

スペインの内戦や、日中戦争なども考慮すると、ピオ10世の在位中と言えるだろう。

1938年にはヨーロッパ全域で真っ赤なオーロラが出現し

当時の新聞で大々的に報道され

その後ヒトラーの台頭、第2次世界大戦が勃発している。

 

しかし、第3のメッセージについては

『1960年までは公表しちゃダメ』という事になっていたため

世界中の人々が、この第3の予言の発表を固唾を呑みながら待ち望んだのだ。

 

しかし、公開されるはずの1960年に入っても、第3の予言が発表されることはなかった。

 

というのも当時のローマ法王が

この第3のメッセージの内容を聞いた時にショック過ぎて失神してしまい

『こんなとんでもねーこと発表できるかいアホンダラ!世の中が混乱してまうで!』

と言って、発表は見送られてしまったからだ。

 

そして極秘文書としてバチカン宮殿の奥深くで

今でも厳重な管理体制のもと保管されている。

 

3人の女の子たちのその後

間もなく、ヤンシタとフランシスコは

マリアの予言どおり、病死した。

2000年になってから、ヨハネ・パウロ2世によって列福されている。

 

残されたルチア・ドス・サントスは修道女となり

この預言の内容を教皇庁に伝えた。

 

そして2005年2月13日

97歳でこの世を去っている。

 

ちなみにヤシンタの遺体は

1935年と1951年と2回にわたって墓地から掘り返されたのだが

なぜかほとんど腐敗しておらず、めっちゃきれいだった。

現在、ファティマ大聖堂の中に移され、安置されているという。

 

q3AwNUZB_ypHQhm1459425117_1459425218

(ファティマを訪れたパウロ6世とルチア 1967/5/13)

 

アイルランド航空164便ハイジャック事件

1981年5月2日

アイルランド航空の飛行機164便がハイジャックされる事件が発生!

その犯人はカトリックの修道士だった。

 

そして、犯人の要求は・・・

 

『今すぐ、ファティマ第3の預言の内容を開示せよッ!!!!』

 

こうした経緯の後、2000年5月・・・

教皇庁は、40年も先送りにしてきた

第3のメッセージをついに正式発表した。

 

世界中が固唾を飲んで待ち望んだ、その気になる内容は・・・

 

 

『1981年5月13日に起こった“教皇暗殺未遂事件”のことだよん。』

 

 

は?

 

そ、そんだけ??

 

 

この、あまりにも期待ハズレな発表に全米が泣いたッッ!!

いや、全世界が怒ったッッ!!!!

 

世界中の人々が第3の予言に拘る理由

もはやこの大ブーイングの嵐。

『んなわけあるかぼけ〜!!』

『ウソつくのもたいがいにしとけよコラ〜!!!』

という野次やツッコミが鳴りやまなかったのは言うまでもないっしょ。

 

だって、第1、第2の預言が世界的大戦争だったのに

第3に来て、ローマ法王とはいえ、一個人についての事件って・・・・

前の2つと比べてあまりにもスケールが小さすぎるっしょ!笑

 

いや、そもそも!

そんな内容なら、40年もズルズルと隠さなきゃいけなかった意味がわからんし。

ましてや、ローマ法王が気絶しちゃうような内容には、とても思えない。

 

そして、これにはルチアも激おこプンプン丸だった。

ルチア
バチカンはウソついてるわ。そんなの、内容のほんの一部じゃないのよ!

 

そして司法省へ提訴している。

結局その後、両者は和解することにはなるが

この『バチカンは嘘をついているわ』の発言の真意はうやむやにされたまま

2005年にルチアが亡くなり、真相は闇の中に。

 

公文書:「ファティマ 第三の秘密 教皇庁発表によるファティマ『第三の秘密』に関する最終公文書」(教皇庁教理省)

すでに述べたあの二つの啓示のあと、わたしたちは、マリアの左側の少し高い所に、火の剣を左手に持った一人の天使を見ました。しかしその炎は、マリアが天使に向かって差し伸べておられた右手から発する輝かしい光に触れると消えるのでした。天使は、右手で地を指しながら大声で叫びました。「悔い改め、悔い改め、悔い改め」。それからわたしたちには、計り知れない光―それは神です―の中に、「何か鏡の前を人が通り過ぎるときにその鏡に映って見えるような感じで」白い衣をまとった一人の司教が見えました。「それは教皇だという感じでした」。そのほかに幾人もの司教と司祭、修道士と修道女が、険しい山を登っていました。その頂上には、樹皮のついたコルクの木のような粗末な丸太の大十字架が立っていました。教皇は、そこに到着なさる前に、半ば廃墟と化した大きな町を、苦痛と悲しみにあえぎながら震える足取りでお通りになり、通りすがりに出会う使者の魂の為に祈っておられました。それから教皇は山の頂上に到着し、大十字架のもとにひざまづいてひれ伏されたとき、一団の兵士達によって殺されました。彼らは教皇に向かって何発もの銃弾を発射し、矢を放ちました。同様に、他の司教、司祭、修道士、修道女、さらにさまざまな地の天使がいて、おのおの手にした水晶の水入れに殉教者たちの血を集め、神に向かって歩んでくる霊魂にそれを注ぐのでした。

トゥイにて 一九四四年一月三日

— 教皇庁教理省『ファティマ 第三の秘密』カトリック中央協議会、2001年

(参照元:wikipedia

 

ファティマ第3の予言を考察する

第3の予言の真相については、様々な推測が飛んでいる。

たとえば・・・

1、宇宙人襲来による地球滅亡説

もともと、地球は超知的生命体による大実験だった。

しかし、あまりにも身勝手な人間たちが

地球を破壊し続けてしまっている現状を見て

実験は失敗だったと判断した宇宙人が地球人を抹殺しにくるのではないかという

SF映画さながらの内容ではないかという説。

2、神=宇宙人説

マリア様の正体は太陽系の近隣惑星に住む人間

つまり宇宙人であり

キリスト教・仏教・イスラム教・ユダヤ教という4大宗教ルーツには

地球文明の更生を見守り、手を差し伸べ干渉してきた宇宙人が起源であるという説。

つまり、現代の宗教で崇められている神とは宇宙人の事を指しており

キリスト教での教えを根底から覆してしまうという内容に

ローマ法王が失神したとしてもおかしくはないのかもしれない。

3、第三次世界大戦説

ロシアとアメリカが暴走した結果、世界中を巻き込んだ核戦争が勃発!

そして人類は滅亡するという説。

 

他にも諸説はあるが、基本的には人類にとって絶望的な内容ばかりである。

とはいえ、実際にメッセージを託されたルチアたち3人が亡くなっている今

確証の取りようのないお話であるのは言うまでもない。

 

しかし、ただのトンデモ話やオカルト都市伝説として終わらせてもよいのか。

 

だって、こうした神秘的な話は、世の中にはたくさんあるわけだ。

変性意識に入って、亜空間知能に同期しやすい人たちが

『宇宙人に会った!』

『守護霊と話した!』

『多次元世界とテレパシーした!』

とまぁ、検証しようのない頭の中で起きた素敵な妄想話はいくらでもある。

 

しかし今回は、

実際に10万人を越える目撃者が同じ現象を共有していたということ。

それを各メディアや世界有数の情報機関でもあるバチカンまでもが公式に認めているという事実。

仮に、この話が全て嘘だったとしても

じゃーなぜ、そんなワールドクラスの嘘を公認しておきながら、何十年も引っ張り続け必要があったのか。

いろいろと多角的に考察してみるのも面白いかもしれないね。

 

セカイノオワリ?終末論とはなんぞや。

このファティマ第三の予言の見解はいろいろあるけど

そのほとんどは『終末思想』に結びつくものが多い。

 

終末論(しゅうまつろん)は、歴史には終わりがあり、それが歴史そのものの目的でもあるという考え方。目的論という概念の下位概念。

引用:wikipedia

 

 

つまり、今あるこの世界が終わっちゃうってこと。

でも、これは単に『世界の滅亡』と捉えるのではなく

『セカイノオワリ』=『新たなセカイのはじまり』として考えることもできる。

 

大きなパラダイムシフトが起こって

今までの常識や、社会構造そのものが根底から覆る

そんな新時代に向けて、いったん既存の地球文明は終わりを告げるんだという考え方だね。

 

それは、飛躍的に進歩していくテクノロジーによって起こされると考えているのが

旧火星文明再生計画のシナリオに基づいて、科学を推し進めているエリートたちでもある。

 

そう、映画トランセンデンスでも描かれていたように

人類はあらゆる恐怖を克服するために、人工知能という神を創造しようとしてるんだ。

それこそが、人類にとって最良の社会をもたらすと信じてるんだよね。

 

『Windows10』のCMに意味深なメッセージが・・・

これは、見た事ある人も多いと思うけど

あのマイクロソフトのCM、46秒目あたりに注目してみてほしい。

 

 

 

Hello Fatima!!

 

 

ファティマ第3の予言には、新たな時代の到来に向かって重要な真実が告げられている。

これについては、私も異論はない。

ただ、それは決して科学の発展によってもたらされるものではなく

量子CPUをも凌ぐ叡智の結集である『人体』のメカニズムに鍵があることに気づく者と

今まで通り道具の改良を勤しむ者とで二分されていく。

131123 (15)

 

その真っ二つに枝分かれしていくトリガーとなる重要な事実が

この『ファティマ第3の預言』で託されていたことは、またおいおい話していこうと思うよ♪

 

→【完全保存版】陰謀論まとめ『メニュー』へ戻る

\ SNSでシェアしよう! /

RSELeaksの注目記事を受け取ろう

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

RSELeaksの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

関 凛太朗

2匹のネコと湘南に暮らす宇宙経済教師。
一人ひとりがカラダの資質と才能を生かした《コンテンツメイカー》として稼ぎ、人体の持つ時空同期を最大限高める《人体端末理論》を教えている。
メルマガでは、経済を中心にあらゆるニュースの“深い裏読み”を毒舌配信中!

このライターは、他にもこんな記事を書いておる。  記事一覧

  • r4qg6dh4qoa7_ty1480321368_1480321830

    『スーパームーン』と『スーパーベジータ』のちがい。

  • stokpic1

    バタフライエフェクト効果 ~小さなことを大きく捉えると人生は好転する~

  • nico

    エジソンを超える天才発明王『ニコラ・テスラ』~歴史から消されたマッドサイエンティストの正体~

  • j3u3olfhlvtnijj1474690795_1474696551

    英雄『ナポレオン』と独裁者『ヒトラー』129年の時を超えて結ばれた7つのシンクロニシティ

この記事を読んだ人は、他にも「こんな記事」も読んでるとか、読んでないとか。

  • 1givbetk_mirssz1442952160_1442953451

    2026年 火星移住計画マーズワンの真相 〜序章〜

  • %e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891-1

    【陰謀論】イルミナティとは何者なのか??〜悪魔にとりつかれた者たち〜

  • main_report_img

    【ロズウェル事件】宇宙人写真が公開されてるけど、真相は結局どうなのよ。

  • kaoku1

    【陰謀論】熊本地震のHAARP人工地震説をブッた切る!!

  • k&L

    悲劇の大統領『リンカーン』と『ケネディ』の奇妙な共通点にビビるわ。

  • %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-04-06-15-09-01

    人工知能と電子タトゥー利権による『人類総ロボット化計画』