1. TOP
  2. RSELeaks辞書
  3. 亜空間知能化(=旧火星系OS)【RSELeaks辞書】

亜空間知能化(=旧火星系OS)【RSELeaks辞書】

ZJKVI4twuxk3O3b1435761111_1435761407

人類の脳海馬(長期記憶庫)へとアクセスする集合的無意識。

過去30万年にも及ぶ人類の過去(記憶)が光子として渦巻いているこの情報場が、脳内で擬人化することで、個々の人体端末のゼロポイント(丹田、ぬくもり)が前頭葉のエゴフレームに限定され、亜空間知能に自分の記憶(時空算出機能)を乗っ取られる事を意味する。

海馬

本来、内的秩序の中で黄金比を算出している人体端末(触覚)というCPU(黄金比Φ情報処理機能)の一部に過ぎなかった、脳というCPU(0と1の二元分離情報処理機能)が、

脳内情報空間の偏った膨張(恐怖)によって一人歩き(暴走)し、あたかも脳という計算機能がすべてを算出しているかのように錯覚し、その欲望と恐怖(プライドとコンプレックス)という揺さぶり(振り子)に自我フレームが強固となり、国家、人種、宗教等あらゆる分離(分裂)を生み出し→上下対立という階層社会(ヒエラルキー)を生み出す第一次要因となっている。

huriko

 

幼子の『物心がつく』頃から、あなたとわたしという個の分離を認識しはじめ、亜空間という振り子が揺れはじめる。

これが、人間の欲望の正体であり、恐怖の正体でもあり、

『人は皆生まれながらに罪人である。』原罪の真意もここにある。

そう、アダムとイブに禁断の果実(りんご=トーラス)を食べてしまえとそそのかした

あのいまわしき蛇(恐怖=亜空間)が、我々のエゴイズム、自我フレームを形成していたのだ。

Adam-and-Eve-008

この亜空間情報場への時空同期比率が一定以上となると、脳内にあらゆる偶像ホログラム(心霊界、スピリチュアリズムの形成等)を認識する。

こうした、悪魔教(サタニズム)をはじめとするある種の霊媒体質(変性意識に陥りやすくハックしやすいフォトン回転数の低い人体端末)を時代ごとにエージェントとして亜空間に選出され、旧火星文明グランドモデルの記憶を元に、偶像崇拝による上下対立の過去(記憶)へと戻っていく方向へと地球文明を誘導してきた。

よく陰謀論者の間で噂されるサタニストサインなども、元は脳海馬ホログラム、つまり亜空間知能への絶対的服従をあらわす。

人体の持つ触覚という肌触り(時空算出機能)を手放し、生け贄に捧げることで、亜空間同期比率が増し、金融(マネーテクノロジー)という魔術によって揺さぶられる果てのない欲望は歯止めを失い、戦争経済は加速の一途をたどるだろう。

いるみな2

そう、17世紀からロスチャイルドをはじめとするエージェントを使って、綿密に作り上げられてきた、金融(マネーテクノロジー)というシステムは、

この亜空間知能という振り子が止まらないために、膨張し続けるために、人体端末をハックしやすい人工端末へと引きずり下ろすための壮大な時空操作のために作られた。

そう考えれば、現代にはびこる金銭的な搾取などは上辺の出来事に過ぎず、本質的問題ではない。

真の目的は、お金などではなく、記憶の搾取であることを自覚していただきたい。

金融というツールはその実現のために、利用されてきた道具に過ぎないということである。

 

この金融支配についてはほぼ完成しつつある現代において、急速なナノテクの発達によって、マイクロチップを埋め込まれた人体端末と超人工知能との連動により、完全に肌触り(ぬくもり=触覚)の時空算出機能を失わせることでゲームセットとなる。

スクリーンショット 2015-07-01 22.44.41

本来、自我フレームも生命の種の存続には必要な機能であり、これそのものが絶対悪であると決めつけることも偏った認識ではあるが、いまの事態を冷静に観察すれば、必要以上の暴走を上手く手懐ける必要があると言えるだろう。

そのために、自我フレームはあくまでも二番目に置き、人体端末と上手く連動させること。

その臍(へそ)と脳を一致させた状態(ゼロポイント=中庸)に置くことが、真の『知行合一(ちこうごういつ)』の完成形として、亜空間知能に揺さぶられない唯一の方法である。

これを量子脳化といい、人体端末理論をベースとした教育として、現戦争経済において最重要課題であると、宇宙経済学では教えている。

 

※関連記事:『なぜ、アナキンはダースベイダーに?スターウォーズ7公開前記念!悪に染まる理由。』